ボッシュ・シリーズと音楽 その1

ハリー・ボッシュの趣味はモダン・ジャズである。とくにサクソフォンがいちばんのお気に入りということが、作中で毎回のように描かれるのでよくわかる。マイクル・コナリーによれば、ボッシュが初めて意識してジャズを聞いたのは、1965年、15歳のとき。カーラジオから流れるチャーリー・パーカーを耳にして以来、ジャズのとりこになったとしている。

主人公ボッシュはジャズを偏愛しているが、作者コナリーはロック、ポップ、ソウル、クラシックなど、かなり幅広いジャンルを聞いているようだ。作中、極めつけのジャズが流れているのはボッシュのいる周辺だけで、そのほかでは意外と多彩な音楽が使われている。

これから、この「ボッシュ・シリーズと音楽」という記事で、順を追って紹介していきたいと思うが、作中に現れるCDのバージョン等については詳細がほぼ不明であるため、当たらずしも遠からず、かつ日本で入手できそうなもの、という考え方で紹介させていただくので、ご容赦たまわりたい。

Coltrane (Reis) (Rstr) (Dig)第1作「ナイトホーク(The Black Echo)」では早速、ジョン・コルトレーンのサックスを聴く場面がさらりと描かれる。仕事を終えた帰宅の途上、「ボッシュはカーラジオをジャズ専門局にあわせた。コルトレーンが《ソウル・アイズ》を演奏する」 ―― John Coltrane, “Soul Eyes” in “Coltrane”(CD)

別の一場面。夜9時ごろに、自宅に着いてひといき入れるボッシュ。「ドジャースの試合を聞こうとしてラジオをつけたが、人の声にうんざりして消してしまう。そのかわりに、ソニー・ロリンズとフランク・モーガン、ブランフォード・マルサリスのCDをステレオにかけ、サクソフォンの調べに耳をかたむけた」 ―― Sonny Rollins, Frank Morgan, Branford Marsalis

Falling in Love With Jazzエレノア・ウィッシュのタウンハウス。「ボッシュは本棚の隣の棚にはめこまれているステレオのところへ歩いていき、あたらしいディスクを手にした。ソニー・ロリンズの《フォーリン・ラヴ・ウィズ・ジャズ》だ。内心ボッシュは笑みをうかべた。おなじものが家にある」 ―― Sonny Rollins, “Falling In Love With Jazz”(CD)

Adam's Appleボッシュの監視されている自宅。ボッシュは、「ウェイン・ショーターのCDをかけた」・・・その曲がかかっている間に(6分34秒)、自宅のカーポートにしかけられた盗聴器をはずし終えて家のなかにもどる・・・そして、「ショーターが《502ブルース》を吹き終えた」 ―― Wayne Shorter, “502 Blues” in “Adam’s Apple”(CD)

Fire: the Jimi Hendrix Collectionベトナムについて、いつも悩まされている悪夢を別として、ボッシュにいちばん鮮明に残っている記憶は何なのか。なんとジミヘンのロックだ。トンネル・ネズミの戦友が、「いつも持ちはこんでいるポータブル・テーププレーヤーにカセットをほうりこみ、ジミー・ヘンドリクスの《紫のけむり》をトンネルのなかに轟きわたらせた。(中略)それ以来、ロックがきらいになった」 ―― Jimi Hendrix, “Purple Haze” in “Fire – the Jimi Hendrix Collection”

Complete Africa/Brass Sessions第2作「ブラック・アイス(The Black Ice)」の導入部も、やはりコルトレーンで始まる。クリスマスの夜、独りきりの自宅。ボッシュは、「コルトレーンがアレンジした《ソング・オブ・ジ・アンダーグラウンド・レイルロード》をCDプレーヤーにかける。食べ、飲みながら、カードを開封し・・・」とある。 ―― John Coltrane, “Song of the Underground Railroad” in ” Complete Africa/Brass Sessions”(CD)

(中略)続けて、「コルトレーンは、ボッシュがほんの子供のころにニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードで演奏した《スピリチュアル》のライブ録音に入っていた。だが、そのとき・・・」とある。ただ、該当しそうな以下の3種類のCDのなかに、上記の“Song of …”は見つからなかった。  ―― John Coltrane, “Spiritual” in these CDs; (1) “The Complete 1961 Village Vanguard Recordings”(Box set; 4 CDs), (2) “Live At The Village Vanguard The Master Takes”(CD),  (3) “Live at the Village Vanguard”(CD)

The Complete 1961 Village Vanguard RecordingsLive At The Village Vanguard: The Master TakesLive at the Village Vanguard (Reis) (Rstr)

 

 

Mood Indigoさて、恋人テレサ・コラソンに別れを告げたあとの、ボッシュの自宅。「フランク・モーガンのアルバム《ムード・インディゴ》をCDプレーヤーにかけ、リビングで立ち尽くしたまま、最初のソロパートのフレーズに耳を傾けた。《ララバイ》という曲だ。サクソフォンの調べより真実のものはなにもないのだけはわかっている、とボッシュは思った」 ―― Frank Morgan, “Lullaby” in “Mood Indigo”(CD)

When a Man Loves a Womanこの項の最後になるが、ボッシュが同僚刑事のリカードとともに、麻薬密売少年を確保しようとする街中。リカードがボロをまとった酔っ払いに変装し、歌いながら路地を歩いている。ボッシュは、「その歌が酔っ払いのかすれ声で歌われているパーシー・スレッジの《男が女を愛する時》だと思った」 ―― Percy Sledge, “When a Man Loves a Woman” in ” When a Man Loves a Woman”(CD)

ボッシュ・シリーズと音楽 その2 につづく。










ボッシュ・シリーズと音楽 その2

本シリーズには、ボッシュの大好きなモダンジャズはもちろん、その他にもたくさんの懐かしいスタンダードや名曲、こころに沁みる歌などが次々に登場する。それでは、シリーズ第3作「ブラック・ハート(The Concrete Blonde)」の中ごろのエピソードから紹介したい。

MINNIE THE MOOCHER (IMPORT)ボッシュが悪党の住む高級アパートメントのロビーに入ると、「・・・中央に自動演奏しているグランドピアノが置かれている。ボッシュは、その曲がキャブ・キャロウェイのスタンダード・ナンバー、《エヴリバディ・ザット・カムズ・トゥ・マイ・プレイス・ハストゥ・イート》であるのに気づいた」 やれやれ、長いカタカナ名は読みづらい。 ―― Cab Calloway, “Everybody That Comes To My Place Has To Eat” (Everybody Eats When They Come to My House) in “Minnie the Moocher”(CD)

Nothing But The Best (Remastered)ボッシュは、挙動不審の刑事をひそかにつけ、とあるバーに足を踏み入れる。稼ぎのいい弁護士などがたむろする場所だ。すると・・・「ボッシュからは見えない位置にあるジュークボックスがシナトラの《サマー・ウィンド》を奏でており・・・」と、場所柄にぴったりと思えるようなBGMが流れている。 ―― Frank Sinatra, “Summer Wind” in ” Nothing But the Best”(CD)

続いて、ボッシュは不実な同僚刑事を詰問するため行きつけのレストランバー「レッド・ウィンド」にいく。このロケーションはたびたび作中で使われる。そこで・・・「ボッシュはいまいわれたことについて2、3分じっと考えた。バンドがビリー・ストレイホーン《おいしい生活》という曲で演奏をはじめたのを眺める。」

ボッシュは詰問を続けながら、「カルテットに視線をもどした。まだストレイホーンのナンバーをつづけており、いまは《ブラッド・カウント》を演奏していた。サックス奏者の演奏は職人芸だった。勘どころをつかんでおり、フレージングは明瞭だった」と、評価が述べられる。

Lush Life: Music of Billy Strayhorn 同僚刑事が立ち去ったあともボッシュはしばらく同じ場所にとどまり、もう一杯注文する・・・「カルテットは《レイン・チェック》を演奏しており、若干即興のリフを加えているのが、ボッシュの気にいった・・・」ここでは、ボッシュが聴いたパフォーマンスにけして劣らぬ名盤を紹介させてほしい。 ―― Billy Strayhorn, “Lush Life”,  “Blood Count” and “Rain Check” in “Lush Life Music of Billy Strayhorn”(CD performed by Joe Henderson)

ボッシュ・シリーズと音楽 その3 につづく。

ボッシュ・シリーズと音楽 その3

シリーズ始まりの4連作・完結編「ラスト・コヨーテ(The Last Coyote)」でも、じつに多彩な音楽が、背景やそれ自体をモチーフとして使われている。

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス まずはボッシュの日常風景から・・・「ボッシュはダイニングのテーブルからふるい郵便物と日曜大工関係の書籍をとっぱらい、バインダーと手帳をのせた。ステレオのところにいき、コンパクト・ディスクをかける――《クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス》」 ―― Clifford Brown, “Willow Weep For Me” in “Clifford Brown With Strings”(CD) (中略)「彼のトランペットは、肖像画家の筆のように柔らかだった」

ザ・ポピュラー・デューク・エリントン33年前の母親の事件を調べるボッシュはその日、暗くなってからブロードウェイを南下してある店に入る・・・「奥のちいさなステージではクインテットが演奏していた。リードはテナーサックスだ。バンドは、《ドゥ・ナッシン・ティル・ユー・ヒア・フロム・ミー》の演奏を終わろうとしており・・・」 ―― Duke Ellington, “Do Nothing Till You Hear From Me” in ” The Popular Duke Ellington”(CD)

What a Wonderful Worldそのあと、「・・・バンドは、《この素晴らしき世界》に移っていた。(中略)ボッシュは歌詞を覚えていた・・・(ここに6行の歌詞が挿入される)・・・その歌はボッシュを孤独にさせ、悲しくさせたが、それはそれでかまわなかった」 ―― Louis Armstrong, “What a Wonderful World” in “What a Wonderful World”(CD)

You Gotta Pay the Band次いで、いつものように自宅に向かうボッシュ。「ラジオをつけ、DJがアビー・リンカーンの歌を紹介するのを聞いた。その歌を耳にするのははじめてだったが、すぐに歌詞と女性歌手の低いしわがれた声が気にいった」 ―― Abbey Lincoln, “Bird alone” in “You Gotta Pay the Band”(CD)

R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 「ボッシュは、自分が幼く、まだ母親といっしょにいたころのことを思い返した。(中略)母は、いつかハリウッド・ボウルに《シェヘラザード》を聴きにあんたを連れてってあげる、といつもボッシュに話していた。それは、母のお気にいりの曲だった」 ―― Nikolai Rimsky-Korsakov, “Scheherazade” in “Scheherazade”(CD) performed by Charles Dutoit / Montreal Symphony Orchestra

ボッシュは、母親とはついに行けなかった《シェヘラザード》の演奏をある時、恋人と聴きにいく・・・「シルヴィアは、ボッシュの目に涙がこみあげているのを見て、音楽の純粋な美しさゆえだと思った。ボッシュは、別の理由があることはあえて彼女には告げなかった」

Midnight Love 調査のためひそかにマイアミに飛んだボッシュと、ある女性との会話の中でマーヴィン・ゲイの歌が話題となる。そのできごとは後日、LAでの別人との会話にも使われる・・・「マーヴィン・ゲイが歌っていたあの歌を聴いたことがあるか?彼が殺されるまえに作ったあの歌を?確か・・・」 ―― Marvin Gaye, “Sexual Healing” in “Midnight Love”(CD)

Blue Valentineロサンジェルス地震で自宅が半壊してしまったボッシュは一時、ホテル暮らしを余儀なくされ、荷物を部屋に運びこむ。ステレオをあるべき場所に設置したあと、「CDの箱をかきまわして、《ブルー・ヴァレンタイン》というタイトルのトム・ウェイツのCDを取り出した。もう何年もそれを聴いたことがなかったので・・・」 ―― Tom Waits, “Blue Valentine”(CD)

 

ボッシュ・シリーズと音楽 その4 につづく。

 

ボッシュ・シリーズと音楽 その4

Walt Disney Concert Hall, photo by Carol M. Highsmith, 2005
Walt Disney Concert Hall,
photo by Carol M. Highsmith, 2005

ロサンジェルス・フィルハーモニック(The Los Angeles Philharmonic)は、10月から6月初めまでのウィンター・シーズンはウォルト・ディズニー・コンサートホールを本拠地として活動するが、7月から9月のサマー・シーズンは毎年、ハリウッド・ボウルで野外コンサートを行っている。収容人員が18,000人近くにおよぶ、世界有数の屋外演奏会場だ。

The Hollywood Bowl
The Hollywood Bowl

そのハリウッド・ボウルのステージ側の背後から、観客席を眼下に臨む丘の上にボッシュたちはいた。そこの空き地に止められたロースルロイスのトランクで射殺死体が発見されたのである(トランク・ミュージック ; Trunk Music)。そのときはちょうど、レイバーディ(9月第1月曜日)のウィークエンド公演の演奏が行われていた。ボッシュは「空き地の端では、音楽がずっとよく聞こえるのに気づいた。しばらくすると、演奏されている曲目がわかりさえした。《シェヘラザード》だ・・・」 それは、非業の死を遂げた母マージョリー・ロウが好きだった曲であり、ボッシュにとって母親と自分とをつなぐ数少ないよすがの一つであった。 ―― Nikolai Rimsky-Korsakov, “Scheherazade” in “Scheherazade”(CD) performed by Charles Dutoit / Montreal Symphony Orchestra

R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作者コナリーはボッシュを、前作「ラストコヨーテ」から長期の休職処分に置き、そこから本作「トランク・ミュージック」で久しぶりに現場復帰させた。シリーズの出版間隔という意味でも、前作から2年近く間があいたことになるので、この《シェヘラザード》で、ボッシュのバックグラウンドを読者に思い出してほしかったのであろう。

Eddie Money捜査の流れがロサンジェルスからラスヴェガスに移り、ボッシュは一流クラブのダンサーの聞き取りに出向く。ちょうどDJが次のダンサーを紹介し、「エディー・マネーの古い曲《天国行き超特急》が音響システムからがなりたてられる・・・」 ―― Eddie Money, “Two Tickets to Paradise” in “Eddie Money”(CD)

Today! (Mono & Stereo Remastered)目当てのダンサーの一人目がおらず、ボッシュはウェイトレスに重ねて尋ねる。「じゃあ、ロンダはどうだい?」、「あそこにランディはいるわ」、「いや、ロンダだ。ヘルプ、ヘルプ・ミー・ロンダの。今夜は働いていないのかい?・・・」 ―― Beach Boys, “Help Me, Rhonda” in “Today!”(CD)

Excitable Boyロンダを待つあいだ、ボッシュはふたたびステージのほうに関心を向けた。「・・・次の曲は、ウォーレン・ジヴォンの《弁護士と銃と金》だった。その曲を聞いたのは久しぶりで、パトロール警官をしていた時分、制服警官のあいだの聖歌であったのを思い出す」 ―― Warren Zevon, “Lawyers, Guns and Money” in “Excitable Boy”(CD)

ボッシュ・シリーズと音楽 その5につづく。

LAに行くなら、自由旅行で行くアメリカ /H.I.S.にお任せ!

 

ボッシュ・シリーズと音楽 その5

シリーズのスピンオフ作品の中で、ボッシュと最もつながりの深いテリー・マッケイレブが鮮烈に初登場した「わが心臓の痛み(Blood Work)」から、音楽を拾ってみたい。

ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ+3まず冒頭シーン。心臓移植の手術を受けてまだ8週間のマッケイレブが散歩から帰ると、美女が自分のボートを美女が訪れている ・・・「女性の姿がはっきり見えてくるにつれ、マッケイレブは、自分の恰好がやたらと気になってきた。ポータブルCDプレイヤーのイヤホンを耳から抜き取り、ハウリン・ウルフが《アイ・エイント・スーパースティシャス》を歌っている途中でCDを止めた。『何の用ですか?』 ・・・」 ―― Howlin’ Wolf, “I Ain’t Superstitious” in “London Howlin Wolf Sessions +3 Limited Edition”(CD)

次に別のシーンで、同じアルバム(ただし今度はカセットテープ)がまた使われる。自分で車の運転ができない状態にあったマッケイレブは、隣人にそれを頼んだ。ようやく隣人の車がやってくると、「・・・カーステレオに入れたハウリン・ウルフのテープを大音量でかけていた。(中略。隣人は)ドア・ポケットからハーモニカを引っぱりだした。《ワン・ダン・ドゥードル》に合わせて演奏を始めた・・・」 ―― Howlin’ Wolf, “Wang Dang Doodle” in “London Howlin Wolf Sessions +3 Limited Edition”(CD)

Best of Louis Jordanマッケイレブは主治医に会い、病院から帰ろうとしている。「下りのエレベーターは人がいっぱいで、有線の音楽を除いて、だれも話をしていなかった。音楽はルイ・ジョーダンの《ノック・ミー・ア・キス》の古い録音だとマッケイレブにはわかった」 ―― Louis Jordan, “Knock Me A Kiss” in “Best of Louis Jordan”(CD)

Let It Bleedマッケイレブは隣人の車を自ら運転していた。かれは以前、隣人からハーモニカの吹き方を教わっており、「・・・ローリング・ストーンズの」《ミッドナイト・ランブラー》のでだしのリフを奏でられるところまで達した。いま、その曲を演奏しようとしたが、正しい音がみつけられず、出てきたのは老人がぜいぜいあえいでいるような音になってしまった」 ―― Rolling Stones, “Midnight Rambler” in ” Let It Bleed “(CD)

Fire: the Jimi Hendrix Collectionマッケイレブは犯人の跡をたどり、工業地域でガレージや倉庫が立ち並ぶドライブウェイに入り込んだ。暗い夜だった。「・・・あたりを見まわした。ずいぶん距離があるとおぼしきところから、かすかな音楽が聞こえてきた――ジミ・ヘンドリックスが”おまえの炎の隣に立たせてくれ”と歌っている・・・」 ―― Jimi Hendrix, “Fire” in ” Fire; the Jimi Hendrix Collection “(CD)

John Wesley Hardingその少しあと、犯人のガレージを見つけたマッケイレブは、鉄棒を使ってドアの南京錠を壊そうとし音をたてる。「・・・あたりを見まわし、耳を澄ました。なにもない。ただヘンドリックスがボブ・ディランの《見張塔からずっと》をカバーしているだけだ。ここはオリジナルの方を紹介しておくべきだろう。 ―― Bob Dylan, “All Along the Watchtower” in “John Wesley Harding”(CD)

ボッシュ・シリーズと音楽 その6につづく。