ボッシュの履歴書(15)60代の刑事

判決破棄 リンカーン弁護士(下) (講談社文庫)判決破棄 リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)2010年2月、ミッキー・ハラーは、ある少女殺害事件の再審裁判で、臨時の特別検察官に任命される。ボッシュはハラーに請われ、検事補マーガレット・マクファースン(Margaret “Maggie McFierce” McPherson)とともにハラーのチームに加わり、24年前に起こった事件の真相に迫る。―― 「判決破棄 リンカーン弁護士(The Reversal)

ボッシュはこの作品でほぼ60歳に達した。主人公といえども、一人の人間としてリアルタイムに変化するところが、本シリーズの特徴であり哲学である。したがって愛読者としては、現在のボッシュが壮年期に比べて丸くなったり弱くなったり、たとえ「以前のボッシュらしくない」ボッシュになったとしても、シリーズの自然な流れや変化と理解すべきだし、むしろボッシュの人間らしい変化を見てみたい読者もいるだろう。ただ一方では、読者がボッシュに何をどう望もうと、かれの本質部分は確固として変化しない(老いない?)ことも、不思議と信じられる。(「リアルタイムの大河小説」を参照)

ボッシュの異母弟ハラーは、ボッシュより15歳若い。また、上記の作品で証明されたように、ふたりのコンビネーションが強力であることは確かだ。ボッシュとしては今後、刑事としての豊富な知識・経験を活かし、徐々にハラーのサポート役にシフトしていくことも可能であろう。ただ、対等以上の立場でハラーを援けるとしても、その仕事が結果としてボッシュ自身の「使命」を果たすことにならなければ、ボッシュにとっては無意味であろう。老成するボッシュにどんな活躍の場を与えるのか、現時点では作者コナリーもおおいに迷うところに違いない。

証言拒否 リンカーン弁護士(下) (講談社文庫)証言拒否 リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)2011年2月か3月、その日、ボッシュは娘マディを伴い、ハラー46歳のバースデイ・パーティに出席する。ボッシュも年を経てエッジがとれてきたはずだが、ハラーに接するとき、かれの態度はどこか不器用でよそよそしい。ただ照れているだけなのか、あるいは異母弟への一種の愛情表現、とでも理解しておくしかないだろう。―― 「証言拒否 リンカーン弁護士(The Fifth Witness)」におけるエピソード。

それより少し前の2010年11月、ボッシュはRHDの未解決事件班(the Open-Unsolved Unit; 正式名はthe Cold Case Special Section)に戻り、「三合会」の捜査で知り合った若手刑事ディヴィッド・チュー(David Chu)と組んでいる。(前任のイグナシオ・フェラスは悲しいことに、「ナイン・ドラゴンズ」の事件の最中、凶弾により殉死した)

2011年9月にボッシュは、定年延長選択制度(DROP; Deferred Retirement Option Plan)の適用で、LAPDからの退職が39ヵ月(2014年12月まで)延長された。

転落の街(下) (講談社文庫)転落の街(上) (講談社文庫)2011年10月、ボッシュらが、未解決事件ファイルから1989年の女性殺害事件に取り組んでいたところ、一流ホテルでの転落死事件が起こり、本部長の政治的判断による指示で、それも担当することになる。ボッシュを裏から強制的に指名したのは、警察をあからさまに敵視する市会議員アーヴィン・アーヴィング(「終結者たち」で更迭された元LAPD副本部長)であり、ホテルで転落したのはその息子だった。 ―― 「転落の街(The Drop)

ボッシュは、残り少ないことがはっきりしている刑事人生についてかれなりの感慨を抱きつつ、同時並行でふたつの重要事件に取り組んでいく。現場で「膝の関節がポキンと鳴った」とあるように、足腰の衰えは隠せないものの、捜査指揮能力の向上でカバーしつつある。本作の捜査過程では、アーヴィン・アーヴィングに対する硬質な態度をのぞけば、かつてのボッシュによく見られた独断専行的な部分は影を潜めている。チームの司令塔といったイメージでもないが、押さえるべきところを押さえ、最終的に部下や協力者の力をめいっぱい引き出して解決に導く本作のボッシュには、「ボッシュらしからぬ」円熟味が加わってきた。

ボッシュとチューの経験差は歴然としており、客観的には師弟関係である。しかし、チューにはその自覚が乏しく、捜査の足を引っぱるミスを犯してボッシュを失望させるが、捜査終盤にかけて立ち直る。一方、本部長副官という立場にあって政治的能力を備えつつあるキズ・ライダーは、ボッシュとの方向性の違いを明らかにする。ふたりの実質的な連携は維持されるものの、心情的・同志的な絆についてはどうしても変化を免れないだろう。

以上見てきたように、60代のボッシュにとって職業上の変化はそれなりに大きな要素だが、それ以上に、生涯にわたる大きな影響をボッシュに及ぼしているものは、一人娘マディの存在、そして、ふたりで過ごす普通の父娘(?)としての生活、そこから日々、春の芽のように生まれる幸福感にほかならないであろう。マディの成長には、ひそかに見守る読者さえ目をみはるものがあり、コンテストに出場できるほど射撃の腕を上げるなど、刑事というボッシュの天職さえ継承しようとしている。(※マディに関しては、いずれ本記事のどこかで特集したい)

本作でボッシュは、変わらない部分を自らしっかりと明示している。「だれもが価値がある、さもなければだれも価値がない (Everybody counts or nobody counts)」という揺るぎない信条は、今回のふたつの事件捜査を通してふたたび確認された。また「つねに使命はそこにあり、つねにやらねばならない仕事がある」との強烈な使命感と、仕事を継続する意欲が示されたこともあって、ボッシュの雇用期間は、最終的に2016年5月までの延長が認められた。―― しかし、ということは「転落の街」の邦訳版が出版された時点では、ボッシュはすでにLAPDを退職している。

ボッシュの履歴書(16)につづく。

ボッシュ、ベトナムに従軍する

ボッシュは17歳のとき、金目当てで自分をサウスポー投手にしようとした里親の家から逃げ出し、しばらくの間、LA南部沿岸のサン・ペドロ辺りで浮浪者のように過ごす。そのためかれは高校を卒業できず、のちにGED(General Educational Development; 高校卒業程度を認定する資格)を取得することになる。

Vietnam War_Napalmその後1968年、18歳のとき、ボッシュは自ら志願して陸軍第一歩兵隊に入隊し、1969年から70年にかけてベトナムに従軍する。ベトナムでは地下壕探索兵(”tunnel-rat”;トンネル・ラット、トンネル・ネズミ)としてベトコンと渡り合い、そこで腰の左側にナイフ傷を負ったり、またある作戦では小隊4名のうちただ一人の生き残りとなる。

ボッシュは復員後、ほかの帰還兵と同じようにPTSD(Post Traumatic Stress Disorder; 心的外傷後ストレス障害)を抱える。自分自身に障害という意識はうすいようだが、その後永年にわたり不眠症に悩まされることになる。幼少年期のトラウマとあいまって、かれの心理と生き方そのものに深い影響を及ぼすことは避けられないであろう。

The Tunnels of Cu Chi by Tom Mangold and John Penycate Publisher: Presidio Press
The Tunnels of Cu Chi
by Tom Mangold and John Penycate
Publisher: Presidio Press

作者コナリーは、ハリー・ボッシュにあえてトンネル・ラットの苛酷な体験を負わせることにしたきっかけについて、次のように紹介している。「トム・マンゴールドとジョン・ペニーケイト著、”The Tunnels of Cu Chi”(クーチ郡のトンネル)という本に出会ったのだ。ベトナム戦争のトンネル・ラットの実体験を綴った胸の痛む記録だ。この木を読んで初めて、ピアスのトンネル・ラットとしての背景と繰り返し訪れる夢が完全に形になった」(マイクル・コナリー; 「ヒエロニムス・ボッシュ」三角和代訳、ミステリマガジン2010年7月号より)

ボッシュは、「・・・『ポスト・ベトナム』の烙印を背負った時代の子でもあることを忘れるわけにはいかない。その時代と社会の函数ともいうべき彼の性格の特異性にこそ、このシリーズのすぐれて文明批評的な特長があったはずだからである」(郷原宏; 「夜より暗き閣をゆく最後のコヨーテ; マイクル・コナリー賛歌」 ミステリマガジン2010年7月号より)

ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)ナイトホークス〈下〉 (扶桑社ミステリー)「しかし多くの人々は、いまだに心に傷を負っているものの、自分なりに折り合いをつけながら、日常的な生活を送っているのではないだろうか。ハリーの生き方はそれに近い。いまだに戦争の夢に悩まされ、眠れぬ夜を過ごしているが、もとにもどすすべはないとして、折り合いをつけて生きている」(「ナイトホークス」解説; 穂井田直美氏)

なお、スティーヴン・ハンターの初期の代表作、「真夜中のデッド・リミット(The Day Before Midnight)」では、ボッシュと同じような体験をもつトンネル・ラットが大活躍する。アメリカ・メリーランド州の山中で謎の集団に占拠された核ミサイル基地を奪回するため、ふたりのトンネル・ラット、ベトナム帰還兵と元ベトコン女性戦士が協力し、基地への侵入に挑む。軍事サスペンス、冒険小説の大傑作だ。



ボッシュの履歴書(1) 警察官となる

LA_city-skyline-719961_960_7201970年の夏、ハリー・ボッシュは除隊してロサンジェルスに戻ってくる。かれは、生い立ちのトラウマに加えて、苛酷な戦争体験の記憶に苛まれるようになっていたが、思いは自分自身の失われたアイデンティティの探求に向かう。

それまで別段、気にもしていなかった自分の出生について調べ始め、やがてある人物が実の父親であるとの確証に行きつくのである。ボッシュは父親との面会を果たすが、父親は末期癌を患っており、面会後、あまり日をおかずに死去する。これらの経緯は「ブラックアイス(The Black Ice)」の中で明かされる。

アイデンティティの重要な一部を確認したボッシュはその後、1年半ほどの期間を警察官になるための準備に費やしたであろう。かれは軍隊をやめ、なぜ警察に入ろうとしたのか。どのような動機があったのか。詳しくは、「ボッシュ人物論(2)・(3)」を参照。

ここはまず、作者コナリーに語ってもらおう。「ベトナムからもどった彼は、またもや重荷を扱う組織に参加する。警察だ。兵士は刑事になり、殺人事件を解決することで母のかたきを繰り返しうつのだ――特に女性の。

そこがこのキャラクラーの要だ。心に抱える幼い頃のトラウマによってこの刑事は駆りたてられる。この一面があれば、彼が手がける事件はどれも仕事ではなく、個人的な領域に踏み込むものになるだろう」(マイクル・コナリー; 「ヒエロニムス・ボッシュ」三角和代訳、ミステリマガジン2010年7月号より)

ボッシュの母親は、かれが11歳のとき、何者かに殺害された。未解決に終わったこの事件こそ、ボッシュが警察官を志望する出発点だったのである。そして、1972年8月、ボッシュは、警察官に採用された。しかし、小説ハリー・ボッシュ・シリーズは、かれが刑事に昇格するまでは始まらない。

ボッシュの履歴書(2)につづく。

ボッシュの履歴書(2) RHDへの抜擢

Badge_of_LAPDボッシュは、ハリウッド署(Hollywood Division)とウィルシャー署(Wilshire Div.)において、1972年から5年ほどパトロール警官を務め、その間にさまざまな経験を積んでいったと推察される。

新米のボッシュが初めて遭遇した大事件といえば、パトリシア・ハースト誘拐後の1974年5月にLAサウスセントラルで発生した、SLA(Symbionese Liberation Army; シンバイオニーズ解放軍)に対する銃撃戦であったろう。

Parker Center, LAPD Los Angels
Parker Center, LAPD
Los angeles

ボッシュは1977年に刑事昇格試験に合格し、その後みるみる頭角を現していく。ヴァン・ナイス署(Van Nuys Div.)の強盗課と窃盗課、ノース・ハリウッド署(North Hollywood Div.)の殺人課を経て、1982年、ついにエリート部門である市警本部(LAPD)強盗殺人課(Robbery-Homicide Division; RHD)に抜擢され、それから8年間をそこで過ごすことになる。

RHD に所属していたある時期、ボッシュは、ロサンジェルスの美容院店主ばかりを狙った連続殺人事件の捜査を任され解決に導く。この事件はのちにLAタイムズのレポーターによって本となり、また何とユニバーサル・スタジオがTVのミニシリーズとして製作することになった。

刑事ボッシュはそれらの実在モデルとして、5万ドルという思いがけない報酬を手にし、これを頭金にしてすてきな自宅を購入する。1984年のことである。この家はその後、本シリーズにほぼ毎回登場し、仕事でボロボロに疲れたボッシュやそのパートナーを癒す、重要なロケーションとなっていくのである。(自宅について詳しくはこちら。「ウッドロー・ウィルソン・ドライブの自宅」)

ボッシュの履歴書(3)につづく。

ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡

ブラック・アイス (扶桑社ミステリー)1970年夏、ベトナムから帰還したボッシュの思いは、自分自身の失われたアイデンティティに向かう。それまで別段、気にもしていなかった自分の出生について調べ始め、やがてある人物が実の父親であるとの確証に行きつく。その経緯は「ブラックアイス(The Black Ice)」の回想の中で明かされる。しかし、その時点の若きボッシュは、母親の死の謎に思い至ることはできず、かれが成長してそのことに取り組むまで10数年を要することになる。

LA_black-and-white-1115389_960_7201982年以来、LAPDのエリート部門である強盗殺人課(RHD)で順調にキャリアを積んできたボッシュだったが、1989年の連続殺人事件(「ドールメイカー事件」)で、つまずいてしまう。容疑者を追っていたボッシュは、ある男の部屋を急襲したところ、男が枕の下に手を伸ばしたのを見て射殺した。ところが、枕の下に武器は無く、カツラしかなかったのである。

結果的に男はその事件の犯人であったのだが、ボッシュは、武器を持たない容疑者を殺したとして内務監査課に追求され、やがて22日間の無給停職処分ののち、市警の”下水”と呼ばれるハリウッド署(Hollywood Division)に左遷されてしまう。なお、ドールメイカー事件の少し前、ボッシュはFBI捜査官、テリー・マッケイレブ(Terrell “Terry” McCaleb)と初めて出会っている。

ナイトホークス〈下〉 (扶桑社ミステリー)ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)1990年5月のある日、ハリウッド署刑事として勤務する40歳のボッシュ。「ナイトホークス(The Black Echo)」の冒頭である。ハリー・ボッシュ・シリーズの現在進行形のドラマは、この時点からスタートする。これ以前の過去に起こった物語やイベントは、主人公ハリー・ボッシュの回想と、かれが自分のアイデンティティを求めて過去を探求する行動から次第に明かされてく。

「ナイトホークス」の事件で、ボッシュは運命の女性、エレノア・ウィッシュ(Eleanor Wish)に出会う。また、相棒のジェリー・エドガー(Jerry “Jed” Edgar)とキズミン・ライダー(Kizmin “Kiz” Rider)、のちに警察内部で確執の相手となっていくアーヴィン・アーヴィング(Irvin S. Irving)が登場する。ボッシュは事件で肩に銃創を受け、メキシコで6週間の休暇を過ごす。

4,000 California Army National Guardsmen patrolled the city to enforce the law
4,000 California Army National Guardsmen patrolled the city to enforce the law

1992年4月29日、ロサンジェルス暴動が勃発。黒人男性ロドニー・キングに対するLAPDの警官による暴行事件の裁判で、被告警官が無罪評決を受け、これを発火点として暴徒が商店を襲撃し、放火・略奪を行うなど大規模な暴動に拡大した。死者53人、負傷者は約2,000人、放火3,600件、建物の崩壊1,100棟に及び、1万人の逮捕者を出した。うち黒人は42%、ヒスパニック44%、白人が9%だった。

この背景には、人種間の根深い差別と緊張に加え、黒人の高い失業率、LAPDによる黒人への恒常的な圧力、韓国人店主による黒人少女(ラターシャ・ハーリンズ)射殺事件など、サウスセントラルの黒人社会に積もりつもった怒りがあった。そこに、ロドニー・キング事件の評決が火をつけたのである。

1992年12月、ボッシュ42歳。「ブラックアイス(The Black Ice)」事件。その前の4ヵ月問、当時、検屍局局長代理だったテレサ・コラソン(Teresa Corazón)とつきあっていたが関係は悪化する。同僚刑事の未亡人、シルヴィア・ムーア(Sylvia Moore)と知り合う。

1993年11月ブラック・ハート〈下〉 (扶桑社ミステリー)ブラック・ハート〈上〉 (扶桑社ミステリー)、「ブラック・ハート(The Concrete Blonde)」における法廷での戦いと、関連する新たな事件。4年前にボッシュが犯人を射殺し、ドールメイカー(Dollmaker)事件は終息したはずであったが、犯人の未亡人が「夫は無実」としてボッシュを告訴した。その矢先、新たな被害者が発見される。

1994年1月、ロサンジェルス地震が発生し、ボッシュの自宅も被害を受ける(「ボッシュ、LA地震で自宅が半壊」を参照)。その3ヵ月後、シルヴィアとも自然に別れる。そんななか、ボッシュはあるトラブルから上司のハーヴェイ・パウンズ(Harvey “Ninety-Eight” Pounds)に暴行を働いたことで、強制休職処分となる。

ボッシュは、精神分析医のカーメン・イノーホス(Carmen Hinojos)のカウンセリングを受けながら、この期間を利用して、ずっと心の片隅に残っていた33年前の母親殺害事件を調べる。この「ラスト・コヨーテ(The Last Coyote)」の事件によって、ボッシュがそれまで、「自分はなにものであるのか」を探し続けてきた旅にひとつの区切りがつけられる。

ラスト・コヨーテ〈上〉 (扶桑社ミステリー)ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

ボッシュの履歴書(4)につづく。