エレノア・ウィッシュ その4

Photo by Inglewood Public Library - Hollywood Park Casino (circa 1994)
Photo by Inglewood Public Library
– Hollywood Park Casino (circa 1994)

エレノア・ウィッシュとハリー・ボッシュが思いがけず再会し、結婚してからおよそ3年が経っていた。エレノアは、しかし、その間に新しい仕事を見つけることができず、平凡な日常に倦み、しだいに落ち着きを失っていたと思われる。その頃の彼女は、ハリウッド・パーク(Hollywood Park Casino)のカード・ルームで日々を過ごすようになっていた。(エンジェルズ・フライト; Angeles Flight

1999年4月、人権派の黒人弁護士ハワード・エライアスの殺人事件が起こり、ボッシュはその捜査に忙殺されてしまう。人種問題がからみ、街が不穏な空気に覆われていることも、エレノアの関心の外にあった。彼女はとうとうLAを離れ、ラスヴェガスに戻ることを決心する。「しばらく離れてみようと思うの。いろいろ考えごとをするために・・・」 ボッシュに電話でそう伝えた。ボッシュは起こっていることを理解できないが、受け入れるほかなかった。

エレノアは自ら、ボッシュとの結婚を終わらせることにした。3年足らずの結婚生活を短いと思うか、それを破綻と呼ぶべきか、どちらにどう責任があるか、といったゴシップ的な関心はすべて的外れであろう。たとえてみれば、2つの白熱する恒星が接近し、渦上に回転したのち遠心力で離れていったようなものだ。エレノアの潔さと、ボッシュの苦悩がともに深く沁みわたる。このとき、彼女は妊娠していたが、ボッシュに知らせていなかった。

エレノアが娘のマディ(マデリン; Madeline “Maddie” Bosch)をボッシュに会わせる機会は、それから3年と少し後にやってくる。2002年の10月、ボッシュが私的にある事件を調査しているとき、エレノアは彼に見つけられ訪問を受ける。このとき彼女は財政的に十分自立しており、レクサスを運転し、素敵な家でメイドを毎日雇うような暮らしぶりだった。彼女は、ポーカーのワールドシリーズの参加資格を得たことをボッシュに告げる。(暗く聖なる夜; Lost Light

Photo by Serge Melki - The Wonderous Garden of Bellagio (2009) / CC BY 2.0
Photo by Serge Melki – The Wonderous Garden of Bellagio (2009) / CC BY 2.0

エレノアはしかし、簡単には娘を会わせない。ボッシュの視点に立つ読者も、そのことを知らない。ふたりははじめ、空港で待ち合わせる。ボッシュはある意図から、エレノアに彼自身のクレジットカードを使うようにと言って渡し、そのままLAに引き返してしまう。そのときボッシュが教えた暗証番号は0613(結婚記念日)であり、エレノアも彼のいじらしさに気づかざるを得ない。数日後、ふたたび空港で会い、こんどはベラージオ(Bellagio)て一夜を過ごすのだが、エレノアは彼をひとりカジノに残して去ってしまう。そして、3度目の訪問で、彼女はとうとうボッシュに、娘のマディを紹介した。なんど読んでも目頭が熱くなってしまう、心に残る名シーンだ。

エレノア・ウィッシュについて その5 につづく。




エレノア・ウィッシュ その5/完

 

Photo by WiNG - Macao Hotel Lisboa 葡京酒店 (2008) / CC BY 3.0
Photo by WiNG – Macao Hotel Lisboa 葡京酒店 (2008) / CC BY 3.0

ラスヴェガスで、ボッシュに娘マディを引き合わせたエレノアであったが、その翌年(2003年)、娘を連れて香港に移り住んでしまう。理由は、マカオのカジノでより賭け金の高い一流のポーカー・プレーヤーになりたかったということらしいが、コナリーにしては不用意で、不可解すぎる展開と感じた読者も多いだろう。筆者もそのひとりだ。

エレノア・ウィッシュの後半生は、もっと丁寧なプロットで書き上げてほしかった。これに関する問題点はいくつもある。53歳になる孤独な父親から、会いたいときには娘に会えるという機会を失わせてしまった。娘の教育については一体どう考えていたのだろう。エレノア自身にしても、ポーカーの成功を人生の目標とするのはいいが、香港・マカオがその世界最高の舞台であるとは客観的に思えない。また、いくら向こう見ずな性格といっても、頭がよく、とくに冷静さを失っているわけでもない43歳のエレノアが熟慮の末に行なった決断とはとても思えない。いささかリアリティに乏しいご都合主義と言えないだろうか。

Photo by Lauri Silvennoinen, original ParkerStarS - Highcliff, Hong Kong Island, Hong Kong (2007) / CC BY2.5
Photo by Lauri Silvennoinen, original ParkerStarS – Highcliff, Hong Kong Island, Hong Kong (2007) / CC BY2.5

一方的な批判はフェアじゃないので、この部分に関する作者コナリーのコメントを確認しておきたい。古沢嘉通氏が「ナイン・ドラゴンズ(Nine Dragons)」の解説の中で紹介している一文からの引用である。「暗く聖なる夜」のラスト以降、「その後の歳月といくつもの物語のなかで、ハリーと娘の関係は、一度も前面に出てこなかった。なぜならそこを探求する用意がわたし(コナリー)にはまだできていなかったからだ。また、彼女をもう少し成長させ、ハリーと(そして読者と)きちんとした意思疎通ができる人物にならせてから、ハリーの脆弱性(もろさ)を追求する物語を書きたかった。それでマデリンと彼女の母親、エレノア・ウィッシュを香港に引っ越させた。父と娘の物語を書く用意が整ったときに、ハリーを勝手のわからない場所で右往左往させるよう、母と娘を外国の地に置いておきたかった」

さて、香港でエレノアとマディは当初、九龍のホテル(Inter-Continental Hong Kong)に滞在した後、カジノが支払うハイクリフ(Highcliff)の居住区に移って暮らした。彼女は自分の貯金を温存し、カジノの金を賭けて歩合を稼いだ。ポーカーを遊びにやって来る多くのアジア人男性が、白人女性との対戦を歓迎したので、カジノにとっても彼女は収益をもたらす貴重な資産となった。そんなエレノアには新たな出会いもあり、カジノでセキュリティを担当するサン・イー(Sun Yee)が彼女の守護者、そして個人的なパートナーになっていく。

このあとの数年間について、エレノア母娘の暮らしぶりは、どの作品にも描かれていないので勝手に想像するしかないが、少なくとも、大きな事件や事故に遭遇するようなことは無かったであろう。このころの香港は、1997年の返還以来、まだ一国二制度が機能することを信じる人々が多数派であり、反政庁デモや反中デモといったことが起こるのはもう少し先のことである。

そして、2009年9月、エレノアとマディ、そしてボッシュを巻き込む大事件が起こる。母娘が香港に移り住んでから6年が経っていた。エレノアは49歳、娘のマディはたぶん10歳になっている。エレノアはLAのボッシュからの電話で、誘拐されたマディの映像がかれの携帯電話に届いたことを知る。彼女は、ボッシュが原因となって娘を危険にさらした、というようにかれを責めるが、ボッシュにとってフェアな言い方ではなかっただろう。しかし、母親が必死になるのも無理はない。(ナイン・ドラゴンズ

View from Victoria Peak: Photo by Georgio - Skyline of Hong Kong (2005) / CC BY2.0
View from Victoria Peak: Photo by Georgio – Skyline of Hong Kong (2005) / CC BY2.0

翌朝早く、エレノアとサン・イーは空港でボッシュと合流したあと、ヴィクトリア・ピーク(Victoria Peak)に向かい、マディが捕えられていると思われる付近を三角測量する。その後、ワンチャイ(Wan Chai, 湾仔)でボッシュが必要としている銃を調達し、かれの携帯電話の映像から識別された地点付近の建物を探す。マディを救出するため急造チームが与えられた時間は、僅かしか残されていなかった。

The front of Chungking Mansions
The front of Chungking Mansions

エレノアとボッシュは重慶大厦(Chungking Mansions)に捜索を絞り、15階のそれと覚しき部屋に向かうが、そこには何もなかった。かれらが立ち去ろうとしたとき、正体不明の武装した2人の男が近づいてきて撃ち合いとなり、エレノアは敵の銃弾に斃れてしまう。コナリーは、それから後につづく父娘の物語を書きたいために、母親を殺してしまった。シリーズを通して「運命の女性」という一種の賛辞が与えられていたヒロインの最期としては、なんとも不公平で、無残としか言いようがない。エレノア・ウィッシュの生涯は49歳で突然、幕を閉じたのだった。

エレノアの遺品のなかには、彼女の兄マイケル(マイクル)が若くして非業の死を遂げる直前に、妹に宛てた一通の手紙があったはずだ(「ナイトホークス」を参照)。その手紙の冒頭の呼びかけは「エリーへ(Ellie,)」であった。ボッシュは、彼女をずっとエレノアと呼び、一度もエリーとは呼んでいなかったと思う。彼女がボッシュにそう呼ばせなかったのか、今となっては、本人に確かめることはできない。

エレノア・ウィッシュ /完

レイチェル・ウォリング その1

Row houses in Baltimore
Row houses in Baltimore

ハリー・ボッシュは「独りきりで生きる男」だが、その一方で、独りでは達成できない使命を自ら定めるという矛盾を抱えている。ボッシュが使命を全うするには、誰かがかれの足りない部分を補ってやる必要がある。具体的には、ボッシュが事件を解決に導く過程で、ときに決定的な援助を与えることのできるパートナーが必要となる。そこで、コナリーは、シリーズを通してその役割のかなり大きな部分を、FBI捜査官のレイチェル・ウォリング(Rachel Walling)に負わせた。

レイチェルの人物像は、しかし、ホームズを助けるワトソンのごとく安定した精神構造の持ち主とはいえず、まして陰で主人公を支える控えめな女房役といったイメージでは、さらさらない。彼女は、もし変人の度合を測るモノサシというものがあるならば、むしろボッシュに近い、少数の個性的な性格もしくは行動グループに入るのではないだろうか。

Baltimore Police
Baltimore Police

断定はできないが、レイチェルにはボッシュと同じような、あるいはもっと深刻かもしれないトラウマの存在する可能性が高い。彼女がまだ子供のとき母親が家を出ていき、それから彼女は主に、ボルチモアの警官だった父親に育てられた。父親は彼女に性的虐待を行なっていたのかも知れないのだが、彼女はそれについて話すことを拒否した。その父親は、彼女が10代のときに自宅での発砲事件によって死んだ。父親の死は自殺と認定されたものの、多くの疑問が残されたままだった。

レイチェルはまた、結果的にはFBI職員をながく続けているが、組織内部の秩序をときおり平気で無視するようなことがあり、そのために左遷されたり、解雇の危機に直面したりしている。彼女のそのような一匹狼的な側面は、ボッシュと瓜ふたつとまで言えないにせよ、非常によく似ている。そのため、性格的に補い合うといった関係にはならず、たとえば彼女が、ボッシュの不得意な対人関係において潤滑油のような役割を果たすといった可能性は少ないと思われる。

そうすると、彼女は何をもってボッシュを援けることができるか。それは、基本的に、彼女がFBIで磨き上げた何か特別な能力ということになるであろう。彼女はジョージタウン大学で心理学を専攻し、最初のうち外交官になりたかったようだが、カレッジ修了後に早々とFBIに勧誘され、入局した。ニューヨークのオフィスで働く間に、法律の学位を得るためコロンビア大学の夜間クラスに出席した。このあたりは平凡な成り行きだ。

羊たちの沈黙(特別編) [DVD]その後、レイチェルは、バージニア州クォンティコの行動科学課(BSU; the Behavioral Science Unit)に配属された。BSUは1974年にFBIの訓練部門の中につくられ、1984年から94年まで、実際にはFBIアカデミーの訓練生を対象とする教育機関であり、実働部隊ではなかった。トマス・ハリスの1988年の作品「羊たちの沈黙」のクラリス・スターリングはまさにそこの訓練生という設定であった。1994年の組織再編でBSUの名称は消え、ISU(the Investigative Support Unit)となっているはずなので、レイチェルの配属はそれ以前のことと推察できる。

さらにその後、数次にわたる再編を経て、近年はNCAVC(the National Center for Analysis of Violent Crime;全国暴力犯罪分析センター)の行動分析ユニット(BAU;the Behavioral Analysis Unit)として存在している。BAUは2016年現在、BAU-1からBAU-5まで5つのユニットで構成されていることがFBIの公式サイトで確認できるが、テレビドラマや各所においては、旧来のBSU(行動科学課と訳されることが多かった)と混同されたり、架空の組織に変貌している。

現実のNCAVC、およびBAUは、VICAPと呼ばれるデータベースと「プロファイリング」を含む科学捜査を駆使する専門家集団である。レイチェル・ウォリング、そしてテリー・マッケイレブはその一員であり、本シリーズはテレビドラマの「クリミナル・マインド(Criminal Minds)」などと比較して、より現実に近い設定がなされていると考えたい。レイチェルは、BSUないしBAUでさまざまな専門的訓練や経験を積みながら特別捜査官となった。創作が大部分を占めるとはいえ、本シリーズでは彼女やマッケイレブの活躍ぶりを通して、BAUの専門的特徴がよく描かれていると思う。

なお、VICAP(the Violent Criminal Apprehension Program; 凶悪犯逮捕プログラム)とは、凶悪な殺人事件、とくに性的暴行、誘拐や行方不明者を伴うもの、動機不明のもの、連続殺人が疑われるものなどに関する情報を追跡し、比較・照合できるように設計されたデータベースであり、全国の法執行機関に広く活用されている。レイチェルはこのシステムの使い方を習熟していることで、クォンティコを離れてからも、ボッシュらを大いに助けることになる。

FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)ところで、やや蛇足になるが、一般的にテレビや映画などで見られる「プロファイラ」と呼ばれる職制やポジションは、現実のFBIには存在しない。プロファイリングは、FBI捜査官の広い仕事の一部分に過ぎないのだが、「FBI心理分析官(Whoever Fights Monsters)」を書いたロバート・K・レスラーが自らを「プロファイラ(邦訳では心理分析官)」と称したことなどから、言葉がひとり歩きしてしまったようだ。

レイチェル・ウォリング その2につづく。

レイチェル・ウォリング その2

prison-01-2レイチェル・ウォリングは、クォンティコでさまざまなプロジェクトに取り組み、経験を積んだ。その一つは彼女自身の父親の死を踏まえた、警察官の自殺についての研究であった。また別のプロジェクトでは、VICAPのデータベースを拡充する目的で、収監されている殺人犯らのインタビューに取り組むというものだった。この2つのプロジェクトは両方とも、VICAPの初期段階から長く携わっていたロバート・バッカス(Robert Backus, Jr.)の指揮や指導の下で実施された。

prison-02-2「羊たちの沈黙」では、一訓練生にすぎないクラリスが、あのモンスターのハンニバルに単独で接見するといった常識では考えられないシーンがあった。そこでコナリーは、トマス・ハリスから、ヒロインvs収監中の殺人犯という状況設定そのものを拝借しながらも、指導教官バッカスの存在を強調してリアリティを持たせた。同時に、さらにひとひねりを加えて、その教官を重要人物に格上げしてしまった。あとは作品で確認していただきたい。レイチェルの半生をつらぬく物語が、バッカスと出会った時点から怒涛のように加速していったことを。(ザ・ポエット;The Poet

Terry McCaleb
Terry McCaleb

レイチェルはまた、クォンティコ時代に、先輩であるテリー・マッケイレブと一緒にいくつかの仕事を担当した。実はマッケイレブは、彼女よりも早くバッカスの薫陶を受けた一番弟子であり、彼女の席次はそれより下という関係であった。この事実は、のちのち重大な意味を持つことになる(天使と罪の街;The Narrows)。コナリー作品のプロットは、一作で完結を見ることもあるが、数作品や数年をかけてようやく大団円ということもあるのだ。

つまり、いまレイチェルの視点で紡がれている独立した一本の糸は、やがてマッケイレブや、ボッシュの糸とも絡み合うようになり、何年も後になってようやく「一枚の布」として全貌を現わすことになる。読者の諸姉諸兄におかれては、まちがっても完成した「布」から見ようとしてはいけない。ボッシュの第一作「ナイトホークス」と同じように、レイチェルのデビュー作(ザ・ポエット)は、他のレイチェル登場作品よりも必ず先に読まれるべきなのである。

レイチェルは、クォンティコで一時、仕事のパートナーだったゴードン・ソーソンと恋愛関係になり、まもなく結婚し、それから15ヶ月後に離婚した。これはあまり重要なエピソードとして語られてはいない。ソーソンには悪いが、要するに、「恋多き女・レイチェル」が片鱗を見せはじめたという、お披露目のような感じがしないでもない。一時的なパートナーとも時間をかけずに親しくなれる彼女の才能は、このあと随所で発揮されることになる。ハリー・ボッシュも、彼女の本領を目の当たりにする一人だ。

free-02-2レイチェル・ウォリングは、エレノア・ウィッシュと同様に、強い自立心の持ち主であることは間違いない。ただ、対人関係においては、エレノアがどちらかというと守り重視の保守的な性格であるのに対し、レイチェルの場合は、他人との距離を一定に保とうとするのでなく、こちらの方から一歩も二歩もぐっと距離を詰めていく性格、とでも言えばよいであろうか。世間的な評価においては「自由で奔放な人」かも知れないが、単なる奔放さとは少し異なる、その裏にどことなく「気骨」や「反骨心」のようなものが見え隠れしているような、そんな気がするのは筆者だけだろうか。

さて、レイチェルとソーソンは離婚後も同じ場所で働き続けるのだが、お互いにあまり居心地のいいものではなく、ふたりは、自分たちのどちらかをクォンティコから異動させようと試みる。そして、しばらくあとに、それが思わぬかたちで実現することになる。

レイチェル・ウォリング その3につづく。

ザ・ポエット〈上〉 (扶桑社ミステリー)ザ・ポエット〈下〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

天使と罪の街(上) (講談社文庫)天使と罪の街(下) (講談社文庫)

レイチェル・ウォリング その3

The Complete Tales and Poems Edgar Allan Poe
The Complete Tales and Poems
Edgar Allan Poe

さて、少しだけ本題に触れておこう。レイチェル・ウォリングは1995年に、「詩人」(ザ・ポエット;The Poet)と呼ばれる謎の連続殺人犯を、ロバート・バッカスらと共に追跡した。「詩人」は全米各地で殺人課刑事を殺し、それを自殺のように見せかけ、かつ現場にエドガー・アラン・ポオの詩の一節をかならず書き残していた。それでFBIは、連続殺人犯を「詩人」と名付けていたのである。レイチェルが取り組んでいた警官の自殺の研究が重要になっていた。

このとき、レイチェルは新聞記者のジャック・マカヴォイ(Jack McEvoy)と出会い、まもなく親しくなった。マカヴォイの双子の兄はデンヴァーの刑事で、その年の2月に変死を遂げており、彼もまた疑念を抱いていたのである。バッカス、レイチェルにマカヴォイが加わり、「詩人」の次のターゲットがLAPDの刑事であると読んだかれらは、LAに向かう。手に汗にぎる追跡ののち、あと一歩のところまで迫ったのだが・・・。(ザ・ポエット;The Poet

Photo by Bobak Ha'Eri - View of downtown Minot, North Dakota, USA from the hill below the Grand International Inn. (2009) / CC BY 3.0
Photo by Bobak Ha’Eri – View of downtown Minot, North Dakota, USA from the hill below the Grand International Inn. (2009) / CC BY 3.0
Mount Rushmore National Memorial in South Dakota
Mount Rushmore National Memorial in South Dakota

「詩人」に逃走を許したという事件の顛末はFBIにとって耐え難いものであり、スケープゴートが必要とされていた。レイチェルは「詩人」を識別するなど大きな功績もあったのだが、マカヴォイとプロフェッショナル同士らしからぬ関係を築いたという事実がアダとなり、懲戒処分の対象となってしまう。彼女は、ノースダコタ州にある人口わずか4万人の郡都マイノット(Minot)に左遷された。またさらに、1998年には、似たような田舎の、サウスダコタ州ラピッド・シティー(Rapid City)に再び飛ばされてしまうのである。

  *   *   *

1995年の逃走から9年という潜伏期間を経た2004年、「詩人」がおどろくべき方法を用いて、再び姿を現わそうとしていた。じつは、潜伏と考えられていた間もおとなしくしていたわけではなく、アムステルダムなどのヨーロッパの都市に「詩人」の爪痕と覚しきものが残されていたのだった。

Mojave Desert
Mojave Desert

レイチェルは、カリフォルニア州とネバダ州の州境に近い、ザイジックス(Zzyzx)という辺鄙なところに招喚された。”Hello Rachel.”というラベル付きの、とある座標が入力されたGPSリーダーがレイチェル気付でクォンティコに送られてきた。そして、その座標がザイジックスからほど近い、モハーベ砂漠の一地点を示していたからである。「詩人」らしい、込み入った仕掛けと言えた。彼女こそ「詩人」の専門家であり、特別な関係者であったことから、オブザーバーとして捜査に参加するよう招かれたのだった。(天使と罪の街;The Narrows

そのすこし前、平穏な引退生活を送っていたはずのテリー・マッケイレブが、不審な死に遭遇していた。レイチェルが「詩人」の影を追跡しはじめたとき、マッケイレブの死を調査していたハリー・ボッシュと”偶然にも”顔を合わせる。ここに至って読者は、3本の糸、記者マカヴォイを含めれば4本の糸がついに絡み合い出したことを知る。「一枚の布」の完成時期が、いよいよそこまでやって来たのだ。

free-01-2レイチェル・ウォリングはついに「詩人」と決着をつけ、そのことが当然、彼女の人生においても一大転機となり、長く苦しかった最悪の不遇時期に終止符をうつことに成功する。彼女を遠くから見守ってきたわれわれも、ようやくホッとできるというわけである。なお、レイチェルとボッシュはこの事件が終わったあとも、さまざまな事件の捜査を通じ、主には仕事関連だがそれ以外の範囲も含めて、断続的に関係をつくっていくことになる。

レイチェル・ウォリング その4につづく。

ザ・ポエット〈上〉 (扶桑社ミステリー)ザ・ポエット〈下〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

天使と罪の街(上) (講談社文庫)天使と罪の街(下) (講談社文庫)