死角 – オーバールック The Overlook

2007年3月、その半年前の「エコー・パーク」事件の余波で、ボッシュは殺人事件特捜班(the Homicide Special Section)に異動していた。負傷もあって本部長室勤務になっmulholland-drive-1213997-02たキズミン・ライダーに代わり、若いイグナシオ・フェラス(Ignacio “Iggy” Ferras)がパートナーになった。

新チームはマルホランド展望台(the Mulholland Scenic Overlook)で発見された射殺体の事件に出動する。そこでボッシュは、FBI捜査官レイチェル・ウォリングと再会し、テロリストが関与している可能性を知る。犠牲者は、妻を殺すと脅迫されていた医学物理士で、病院から癌治療用の放射性物質セシウムを持ち出していたのだ。

ボッシュはFBIの介入に阻まれながらも、ひたすら犯人を追う。殺人犯が見つかればセシウムも見つかると考え、FBIと渡り合いつつ徹頭徹尾、「これは殺人事件だ。俺の事件だ」という姿勢をつらぬく。12時間のスピード感あふれる緊迫の捜査が描かれる。

LA_palm-trees-207045_960_720-03原題のThe Overlookは、直接的にはもちろん、犯行現場のマルホランド展望台(the Mulholland Scenic Overlook)を指すが、動詞の “overlook”には「見落とす」とか「見過ごす」「逃す」といった意味があり、なにかを見落としていたことを示唆している。

コナリーは、本シリーズのエピソードを短篇としてあちこちで発表しているが、本作はそれらとは別に、ニューヨークタイムズの日曜版に連載されていたものをベースにしており、短篇よりは随分と語数があって、一応長編として出版されたもの。シリーズのなかでは、内容、出版形態ともに異色の作品といえる。

LAに行くなら、自由旅行で行くアメリカ /H.I.S.にお任せ!

More from my site

  • エコー・パーク Echo Parkエコー・パーク Echo Park 2006年9月、LA中心部のエコー・パーク(Echo […]
  • ボッシュの履歴書(13) LAPDへの復帰ボッシュの履歴書(13) LAPDへの復帰 2005年 1月、ボッシュ(55歳間近)は退職者復帰プログラムの適用を受け、3年弱の私立探偵からLAPD・RHDに復帰する。一旦は捨てたバッジだが、それを失えば、自分の人生にある […]
  • ボッシュの履歴書(14) 殺人事件特捜班ボッシュの履歴書(14) 殺人事件特捜班 2007年3月、その半年前の「エコー・パーク」事件の余波で、ボッシュは殺人事件特捜班(the Homicide Special […]
  • 天使と罪の街 The Narrows天使と罪の街 The Narrows 2004年4月、ボッシュ54歳。「夜より暗き闇」の事件解決から再び3年、平穏な引退生活を送っていたはずのテリー・マッケイレブが、不審な死を遂げた。私立探偵となっていたボッ […]
  • ボッシュの履歴書(6) FBIとの関係ボッシュの履歴書(6) FBIとの関係 さて、アメリカの犯罪ドラマでは、警察組織同士の「管轄権の争い」が一つの定番エピソードになっている。現実にあるのかも知れないが、それはさておき、本シリーズでも時折似たような状況が描 […]
  • ナイン・ドラゴンズ Nine Dragonsナイン・ドラゴンズ Nine Dragons 2009年9月、ボッシュ59歳。サウス・セントラルの中国系酒販店主の殺害現場に赴いてみると、ボッシュは被害者に見覚えがあった(「エンジェルズ・フライト」のラスト近くを参照)。AC […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。