ボッシュの履歴書(9) 出会いと別れ

44ミニッツ DVD プライムウェーブ
44ミニッツ DVD
プライムウェーブ

1997年2月28日、開店直後のバンク・オブ・アメリカ、ノースハリウッド支店で銀行強盗が押し入り、激しい銃撃戦となった。ボッシュとエドガーも終盤に駆けつけたようだ。この事件は途中からテレビ局の空撮によって全米で放映され、それを基にテレビ映画『44ミニッツ』も作られた。なおこの事件以後、LAPDは全般的に、警察官の重武装化を進める。

1998年4月の、テリー・マッケイレブ(Terrell “Terry” McCaleb)の事件が、ボッシュ・シリーズの外伝「わが心臓の痛み(Blood Work)」で描かれている。ここでボッシュはチョイ役で登場するのみだが、テリー・マッケイレブとボッシュの軌跡は、この3年後、「夜より暗き闇(A Darkness More Than Night)」において再び交錯することになる。

わが心臓の痛み〈下〉 (扶桑社ミステリー)わが心臓の痛み〈上〉 (扶桑社ミステリー)「マッケイレブ初登場の本書(わが心臓の痛み)はアンソニー賞、マカヴィティ賞、フランス推理小説大賞の3冠を獲得。内容も輝かしい経歴に相応しい出来だ。事件が主人公自身と深く結び付いているのが著者の作品の特徴の一つだが、本書はその極北と言える。事件と主人公の関係がハードボイルドとしての味わいに深みを与え、更に謎解きの要素にも繋がってくる。コナリーの本領が存分発揮された一冊だ」(釘嶋欽太氏)

Angels Flight Railway 1960年(ボッシュ10歳のころ)
Angels Flight Railway
1960年(ボッシュ10歳のころ)

1999年4月、「エンジェルズ・フライト(Angeles Flight)」(シリーズ第6作)の事件。死体発見現場は、LAのバンカーヒル(Bunker Hill)にあるケーブルカー「エンジェルズ・フライト」(Angeles Flight funicular railway)の頂上駅であった。ボッシュは、幼いときに母親とこのケーブルカーに乗った記憶がある。

 

Angels Flight Railway 2004年
Angeles Flight Railway
2004年

この事件の被害者の一人がLAPD相手の人権訴訟を専門とする黒人弁護士だったことから、メディアは警察の犯行を疑う。彼の死を引き金とする危険な暴動の気配が、捜査にあたるボッシュらにプレッシャーとしてのしかかる。1965年のワッツ暴動(Watts Riots)、ロドニー・キング事件に由来する1992年のロサンジェルス暴動以来、LAPDはトラウマに囚われている。(1992年の暴動については、こちらも

この事件では、かつての相俸や仇敵などの過去に登場した様々な人物が、それぞれの思惑を胸にふたたびボッシュと邂逅し、複雑に絡み合っていく。ボッシュはうまく彼らと向き合い、錯綜する事件を解決に導くことができるのか。この「エンジェルズ・フライト」は、警察小説としてもコナリーが頂点に達したとされる傑作である。

エンジェルズ・フライト〈上〉 (扶桑社ミステリー)エンジェルズ・フライト〈下〉 (扶桑社ミステリー)

一方、残念なことに、3年前にせっかく再会・結婚したエレノア・ウイツシュとの生活は、この事件と並行して破局を迎えてしまう。人と出会い、別れていくときの、ボッシュの思いが深く沁みわたる。

さて、ボッシュの内なる魂やボッシュとエレノアとの心のつながりを象徴する、一枚の絵をぜひとも紹介しておきたい。エドワード・ホッパーの「ナイト・ホークス(夜ふかしをする人たち)」である。本シリーズ第一作のタイトル(邦題)はここから採られた。その重要な絵の意味について、詳しくはこちら。ナイト・ホークス(夜ふかしをする人たち)by Edward Hopper

ナイトホークス(夜ふかしをする人たち) エドワード・ホッパー
ナイトホークス(夜ふかしをする人たち)
エドワード・ホッパー

 

 

 

 

 

ボッシュの履歴書(10)につづく。

More from my site

  • わが心臓の痛み Blood Workわが心臓の痛み Blood Work FBIの心理分析官テリー・マッケイレブは長年、連続殺人など多くの難事件に取り組んできたが、1996年4月、たび重なる激務とストレスによって心筋症が悪化し、深夜のオフィスで […]
  • 夜より暗き闇 A Darkness More Than Night夜より暗き闇 A Darkness More Than Night 2001年1月、「わが心臓の痛み」からおよそ3年後、引退生活を送るテリー・マッケイレブはFBI時代の腕を買われ、ある事件捜査の協力を依頼された。マッケイレブは現場を見て連続殺人を […]
  • エンジェルズ・フライト Angeles Flightエンジェルズ・フライト Angeles Flight 1999年4月、LAのバンカーヒル(Bunker Hill)にあるケーブルカー「エンジェルズ・フライト」(Angeles Flight funicular […]
  • ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡 1970年夏、ベトナムから帰還したボッシュの思いは、自分自身の失われたアイデンティティに向かう。それまで別段、気にもしていなかった自分の出生について調べ始め、やがてある人物が実の […]
  • ナイト・ホークス by Edward Hopperナイト・ホークス by Edward Hopper 本シリーズのテーマ、少なくともその重要な部分を直観的に理解するには、エドワード・ホッパー(Edward […]
  • ボッシュの履歴書(10) 殺人容疑ボッシュの履歴書(10) 殺人容疑 「わが心臓の痛み」から3年後の2001年1月、「夜より暗き闇(A Darkness More Than […]

投稿者: heartbeat

管理人の"Heartbeat"(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。