ボッシュの履歴書(8) ひとときの居場所

1996年1月、ボッシュは18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課に復帰。その後9月1日に同署殺人課にもどってきた。ボッシュ46歳。こんどの上司はグレイス・ビレッツ(Grace Billets)警部補、その名前を聞いただけで何となく良さそうな人物という印象を抱く。ビレッツは、3名編成の捜査チームの一つをボッシュに任せる。「トランク・ミュージック(Trunk Music)」(シリーズ第5作)。

LA_hollywood-682851_960_720-02チーム・リーダー、ボッシュのもとにやって来たのは、以前コンビを組んでいたジェリー・エドガー(Jerry “Jed” Edgar)と、若手の女性刑事キズミン・ライダー(Kizmin “Kiz” Rider)。二人とも仕事に情熱を持ち、ボッシュに対して控えめだが素直にリスペクトするところがある。

つまり、シリーズも第5作となり、それまで得られなかった良好な職場環境が、やっとボッシュにも与えられたのだ。前作まで一人きりで任務をこなしながら、「自分はなにものか」を探し求めてきた、孤独の中の孤独な主人公。彼にはもそろそろホッとする場所が必要ではないか。そこが「ひとときの居場所」に過ぎないとしても。

ボッシュはハリウッド署の心地よい環境で仕事を進めるが、あまり楽過ぎては話がつまらなくなるとコナリーも思ってか、次々と捜査の障碍があらわになっていく。FBIに加え、LAPD組織犯罪捜査課(OCID, Organized Crime Intelligence Division)が捜査に横やりを入れたり、あのアーヴィングやIADなどの有象無象、さらに極めつけの無法警官などが、これでもかと登場する。

本作のラストで、ふたりはハワイに
本作のラストで、ふたりはハワイに

さて、「ひとときの居場所」には、もう一つ大事な意味を込めたつもりである。ボッシュが、事件のさなか、「運命の女性」、エレノア・ウイツシュと再会し、結婚するのである。

「処女作『ナイトホークス』で印象的なヒロイン役を演じ、ボッシュの心の奥底にまでとどくしこりを残した女性です。彼の「運命の女性」ともいえる彼女の存在感は、これまでの作品のヒロインたちのことごとくを顔色なからしめるほどです」(岩田清美氏; 「トランク・ミュージック」解説より)

 

ボッシュの履歴書(9)につづく。


More from my site

  • トランク・ミュージック Trunk Musicトランク・ミュージック Trunk Music 1996年、ボッシュは上司への暴行を理由とする18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課を経て同署殺人課に戻ってきた。ボッシュ46歳。新しい上司は、何となく感じの良さそうな […]
  • ボッシュの履歴書(9) 出会いと別れボッシュの履歴書(9) 出会いと別れ 1997年2月28日、開店直後のバンク・オブ・アメリカ、ノースハリウッド支店で銀行強盗が押し入り、激しい銃撃戦となった。ボッシュとエドガーも終盤に駆けつけたようだ。この事 […]
  • ボッシュの履歴書(13) LAPDへの復帰ボッシュの履歴書(13) LAPDへの復帰 2005年 1月、ボッシュ(55歳間近)は退職者復帰プログラムの適用を受け、3年弱の私立探偵からLAPD・RHDに復帰する。一旦は捨てたバッジだが、それを失えば、自分の人生にある […]
  • エコー・パーク Echo Parkエコー・パーク Echo Park 2006年9月、LA中心部のエコー・パーク(Echo […]
  • 終決者たち The Closers終決者たち The Closers 2005年 1月、ボッシュは、退職者復帰プログラムの適用を受け、3年弱の私立探偵からLAPD・RHDに復帰した。一旦は捨てたバッジだが、それを失えば、自分の人生にあると信 […]
  • ボッシュの履歴書(7) 強制休職処分ボッシュの履歴書(7) 強制休職処分 LAPDはボッシュのホームグラウンドであり、普通の職場感覚でいえば、ボッシュの心安まる居場所であってほしい。しかし実態は、「争闘の場」とまでは言わないが、ボッシュにとって何かとス […]

投稿者: heartbeat

管理人の"Heartbeat"(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。