ボッシュの履歴書(7) 強制休職処分

LAPDはボッシュのホームグラウンドであり、普通の職場感覚でいえば、ボッシュの心安まる居場所であってほしい。しかし実態は、「争闘の場」とまでは言わないが、ボッシュにとって何かとストレスの多い場所になっている。

ラスト・コヨーテ〈上〉 (扶桑社ミステリー)ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)1994年1月、ロサンジェルス地震が発生し、ボッシュの自宅も被害を受ける(「ボッシュ、地震で自宅が半壊」を参照)。地震とは関係ないが、そのしばらく後ボッシュは、ある事件の重要参考人の扱いをめぐるトラブルから、上司のハーヴェイ・パウンズ(Harvey “Ninety-Eight” Pounds)警部補につかみかかってしまう。「ラスト・コヨーテ(The Last Coyote)」の発端である。

Los Angeles City Hall
Los Angeles City Hall

ボッシュは、ダーティ・ハリーのような硬派のアクション・ヒーローではない。それゆえ、ハードボイルド小説として激しいアクションや暴力シーンを期待する向きは、少々裏切られるだろう。そんなボッシュが最低男のパウンズをビビらせる場面は、珍しくハードボイルドの雰囲気を醸し出している。

この一件で、何よりボッシュ自身が気を晴らしただけでなく、ファンもいくらか痛快さのボーナスをもらったような気分ではある。しかし、ボッシュは上司に暴行を働いたことで、強制休職処分となってしまう。

ボッシュは、復職の条件として、精神分析医のカーメン・イノーホス(Carmen Hinojos)のカウンセリングを受ける。その様子はボッシュとイノーホス、ふたりの静かな対話として丁寧に描かれており、ファンにとってはボッシュの心のうちを知る重要な場面といえるかも知れない。

blurry-691240_960_720-02ボッシュは、また、この期間を利用して、ずっと心の片隅に残っていた33年前の母親殺害事件を調べる。このことによって、ボッシュがそれまで、「自分はなにものであるのか」を探し続けてきた旅にひとつの区切りがつけられる。このような、すべての状況において頑張っているボッシュに拍手を贈りたい。

なお、1995年2月、のちに全米を震撼させる「ザ・ポエット(The Poet)」の事件が、ボッシュとはまだ関わりのないところで、ノン・シリーズとして描かれる。新聞記者ジャック・マカヴォイ(Jack McEvoy)とFBI捜査官レイチェル・ウォリング(Rachel Walling)が初登場している。

ザ・ポエット〈下〉 (扶桑社ミステリー)ザ・ポエット〈上〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

ボッシュの履歴書(8)につづく。

More from my site

  • ラスト・コヨーテ The Last Coyoteラスト・コヨーテ The Last Coyote 1994年1月、ロサンジェルス地震が発生し、ボッシュの自宅も被害を受ける。そんななか、ボッシュはあるトラブルから上司のパウンズ警部補につかみかかり、暴行を働いたことで強制 […]
  • ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡 1970年夏、ベトナムから帰還したボッシュの思いは、自分自身の失われたアイデンティティに向かう。それまで別段、気にもしていなかった自分の出生について調べ始め、やがてある人物が実の […]
  • ボッシュ、地震で自宅が半壊ボッシュ、地震で自宅が半壊 「良いことも、悪いことも起こる」のが世の常である。ボッシュが幸運に恵まれ、1984年に購入したウッドロー・ウィルソン・ドライブ(Woodrow Wilson […]
  • ウッドロー・ウィルソン・ドライブの自宅ウッドロー・ウィルソン・ドライブの自宅 ボッシュは1984年から、スタジオシティ(Studio City)から南東に臨む丘の一角、ウッドロー・ウィルソン・ドライブ(Woodrow Wilson […]
  • ボッシュの履歴書(8) ひとときの居場所ボッシュの履歴書(8) ひとときの居場所 1996年1月、ボッシュは18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課に復帰。その後9月1日に同署殺人課にもどってきた。ボッシュ46歳。こんどの上司はグレイス・ビレッツ(Gr […]
  • ザ・ポエット The Poetザ・ポエット The Poet 1995年2月、デンヴァー市警察殺人課の刑事であるショーン・マカヴォイが変死した。自殺とされた兄の死に、双子の弟で新聞記者のジャック・マカヴォイ(Jack […]

投稿者: heartbeat

管理人の"Heartbeat"(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。