ボッシュの履歴書(2) RHDへの抜擢

Badge_of_LAPDボッシュは、ハリウッド署(Hollywood Division)とウィルシャー署(Wilshire Div.)において、1972年から5年ほどパトロール警官を務め、その間にさまざまな経験を積んでいったと推察される。

新米のボッシュが初めて遭遇した大事件といえば、パトリシア・ハースト誘拐後の1974年5月にLAサウスセントラルで発生した、SLA(Symbionese Liberation Army; シンバイオニーズ解放軍)に対する銃撃戦であったろう。

Parker Center, LAPD Los Angels
Parker Center, LAPD
Los angeles

ボッシュは1977年に刑事昇格試験に合格し、その後みるみる頭角を現していく。ヴァン・ナイス署(Van Nuys Div.)の強盗課と窃盗課、ノース・ハリウッド署(North Hollywood Div.)の殺人課を経て、1982年、ついにエリート部門である市警本部(LAPD)強盗殺人課(Robbery-Homicide Division; RHD)に抜擢され、それから8年間をそこで過ごすことになる。

RHD に所属していたある時期、ボッシュは、ロサンジェルスの美容院店主ばかりを狙った連続殺人事件の捜査を任され解決に導く。この事件はのちにLAタイムズのレポーターによって本となり、また何とユニバーサル・スタジオがTVのミニシリーズとして製作することになった。

刑事ボッシュはそれらの実在モデルとして、5万ドルという思いがけない報酬を手にし、これを頭金にしてすてきな自宅を購入する。1984年のことである。この家はその後、本シリーズにほぼ毎回登場し、仕事でボロボロに疲れたボッシュやそのパートナーを癒す、重要なロケーションとなっていくのである。(自宅について詳しくはこちら。「ウッドロー・ウィルソン・ドライブの自宅」)

ボッシュの履歴書(3)につづく。

More from my site

  • ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡 1970年夏、ベトナムから帰還したボッシュの思いは、自分自身の失われたアイデンティティに向かう。それまで別段、気にもしていなかった自分の出生について調べ始め、やがてある人物が実の […]
  • ボッシュの履歴書(4) 左遷からのスタートボッシュの履歴書(4) 左遷からのスタート 1990年5月、LAPDの「下水」と揶揄されるハリウッド署。そこに刑事として勤務する、40歳のハリー・ボッシュ。かれの物語は、いきなり左遷された職場からスタートする。第1作「ナイ […]
  • ボッシュ人物論2 使命感はどこからボッシュ人物論2 使命感はどこから ボッシュは、母の死から33年後、未解決に終わったその事件の調査を始める。そうするうちにボッシュは、長い間ずっと心の片隅に残っていたというのは言い訳であり、自分はそれから目を背けて […]
  • ボッシュ人物論3 どのような警察官かボッシュ人物論3 どのような警察官か ボッシュの使命であり、その遂行によって達成する本質的解決とは、そこに存在する「悪」を追いつめ、消滅させるることにほかならない。ボッシュといえども、パトロール警官時代にそこまでの考 […]
  • ウッドロー・ウィルソン・ドライブの自宅ウッドロー・ウィルソン・ドライブの自宅 ボッシュは1984年から、スタジオシティ(Studio City)から南東に臨む丘の一角、ウッドロー・ウィルソン・ドライブ(Woodrow Wilson […]
  • ボッシュ、地震で自宅が半壊ボッシュ、地震で自宅が半壊 「良いことも、悪いことも起こる」のが世の常である。ボッシュが幸運に恵まれ、1984年に購入したウッドロー・ウィルソン・ドライブ(Woodrow Wilson […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。