ボッシュの履歴書(6) FBIとの関係

さて、アメリカの犯罪ドラマでは、警察組織同士の「管轄権の争い」が一つの定番エピソードになっている。現実にあるのかも知れないが、それはさておき、本シリーズでも時折似たような状況が描かれている。争いはLAPD内部で発生することもあるが、より大きな事件の場合は当然FBIの出番となるので、そこにLAPD vs FBI といったような構図ができやすい。

そんなとき、ボッシュの視点では、FBIが自分の事件を横取りしようとする厄介な相手や障碍に見えることがある。しかし、ボッシュの場合にかぎると逆に、FBIがかれの捜査上の窮地を救うケースが多いような気がする。ただし、”FBI”と言っても組織ではなく、ボッシュの親しい友人を指すのであるが。

FBI_Badge_&_gun

FBI

 

 

 

 

 

一徹なボッシュとしては、ほかに方法が無いと思えば迷わず(LAPDの組織論理やしがらみなど一片も顧慮することなく)、FBIであれ誰であれ頼みこんでしまう。並みの刑事ならそんな非常識な行動に走らず、あくまで身内に援助を仰ぐに違いない。しかしその結果はいうまでもなく、問題が本質的に解決されることはないであろう。ボッシュの考える本質的解決とは、そこに存在する「悪」を追いつめ、消滅させるることにほかならない。

あなたが部下をもつ組織人であれば、自分から折れない・やりすぎるボッシュに違和感を覚えるか、我慢できないかも知れない(とすると、アーヴィン・アーヴィングと似ている?ようだが)。あるいは、ボッシュの突出行動はいままでずっと結果を残してきたし、組織の閉塞感を打ち破る態度として奨励したいくらい、であろうか。

ボッシュの履歴書(7)につづく。

More from my site

  • トランク・ミュージック Trunk Musicトランク・ミュージック Trunk Music 1996年、ボッシュは上司への暴行を理由とする18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課を経て同署殺人課に戻ってきた。ボッシュ46歳。新しい上司は、何となく感じの良さそうな […]
  • 暗く聖なる夜 Lost Light暗く聖なる夜 Lost Light 2002年10月、LAPDを退職し私立探偵となったボッシュは、銃弾に倒れ車椅子の生活を送る元同僚からの電話を受ける。それは、ある若い女性の殺人と、その捜査中に目の前で奪われた20 […]
  • 天使と罪の街 The Narrows天使と罪の街 The Narrows 2004年4月、ボッシュ54歳。「夜より暗き闇」の事件解決から再び3年、平穏な引退生活を送っていたはずのテリー・マッケイレブが、不審な死を遂げた。私立探偵となっていたボッ […]
  • エコー・パーク Echo Parkエコー・パーク Echo Park 2006年9月、LA中心部のエコー・パーク(Echo […]
  • 死角 The Overlook死角 The Overlook 2007年3月、その半年前の「エコー・パーク」事件の余波で、ボッシュは殺人事件特捜班(the Homicide Special […]
  • 判決破棄 リンカーン弁護士 The Reversal判決破棄 リンカーン弁護士 The Reversal 2010年2月、ミッキー・ハラーは地区検事長から、特別検察官としてある再審裁判に挑んでほしいと依頼される。12歳の少女を殺害して有罪となった男は、24年近く服役しながら再 […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。