「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 3

ヒエロニムス(Hieronymus)とは、画家ボッシュが俯瞰した悪夢のような世界に立ち向かう者の名前であった。また、ニーチェの言う「怪物と戦う者」、「深淵を覗く者」の符号でもあった。そして、ヒエロニムスにはさらに、もう一つの謂(いい)があることも見落としてはならない。

それは、作中でたびたび、ボッシュ自ら説明している。ボッシュが誰かに自分の本名を紹介するとき、ヒエロニムス(Hieronymus)がanonymousとおなじ韻であると話すのである。つまり自分は、Hieronymus というが、同時にanonymous(アノニマス)=「匿名の」・「誰でもない」・「名無し」でもあると。

boy_child-438373_960_720そのように紹介された他人は、それを受けて少なからず違和感や「居心地の悪さ」を覚えるかも知れない。あるいは、そのひとが十分に感性豊かであれば、そこにボッシュの自嘲や孤独な人生さえ感じるかも知れない。

ボッシュは、「誰でもない」がゆえに、「自分がなにものなのか」と自問し続け、アイデンティティを探し求める。その数奇で孤独な生い立ちの物語は、本シリーズの第一期ともいえる「ナイトホークス(The Black Echo)」から「ラスト・コヨーテ(The Last Coyote)」までの4連作のなかで読者に明かされていく。また、シリーズを読み進める読者はやがて、その物語がシリーズ全体に流れる通奏低音であることに、否応なく気づかされるのである。

さて、ヒエロニムスはとても言いにくい名前であり、とうぜん短縮形が必要になる。そこで、ヒエロニムスがなぜ「ハリー」になったのか、についても知っておきたい。

「ハリー」の由来について、はこちら。

ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)ナイトホークス〈下〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

ラスト・コヨーテ〈上〉 (扶桑社ミステリー)ラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)

More from my site

  • ハリー・ボッシュの生い立ちハリー・ボッシュの生い立ち 主人公、ハリー・ボッシュ(Hieronymus “Harry” […]
  • 「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 1「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 1 主人公の本名は、中世フランドルの画家と同姓同名のヒエロニムス・ボッシュ(Hieronymus […]
  • 「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 2「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 2 さらに、コナリーは言う。 「執筆しているのは、日夜人間の深淵に引きずられ、仕事によって混沌とその結果の風景を隅々まで引きまわされる男の話。人間のなかに巣くう恐ろしい悪魔に立 […]
  • ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡 1970年夏、ベトナムから帰還したボッシュの思いは、自分自身の失われたアイデンティティに向かう。それまで別段、気にもしていなかった自分の出生について調べ始め、やがてある人物が実の […]
  • ボッシュ人物論1 独りきりで生きる男ボッシュ人物論1 独りきりで生きる男 ボッシュは十分な愛情を知らずに育った。父親を知らずに母の手で育てられていたが、10歳のとき、娼婦を続けていた母が親として不適格とみなされ、養護施設に入れられる。幼いボッシュと母は […]
  • 「ハリー」の由来について「ハリー」の由来について ヒエロニムス・ボッシュはとても言いにくい名前であり、とうぜん短縮形が必要になる。そこで、「ヒエロニムス(Hieronymus)」がなぜ「ハリー(Harry)」になったのか、につい […]

投稿者: heartbeat

管理人の"Heartbeat"(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。