「ハリー」の由来について

ヒエロニムス・ボッシュはとても言いにくい名前であり、とうぜん短縮形が必要になる。そこで、「ヒエロニムス(Hieronymus)」がなぜ「ハリー(Harry)」になったのか、についてもファンとしては知っておきたい。そこで、ここはまず、作者コナリーに聞いてみよう。

「ヒエロニムスという名前はジェロームという名の由来であるラテン語だ。そこから判断すれば、ヒエロニムス・ボッシュ刑事は短くジェリーと呼ばれるのが筋であっただろう。だが、わたしはそうはしないでハリーで行くことにした。”ダーティ”・ハリー・キャラハン(”Dirty” Harry Callahan)とハリー・コール(Harry Caul)という、語り手としてわたしが進化するために重要だった映画の主人公たちへの黙礼として選んだ」(「ヒエロニムス・ボッシュ」マイクル・コナリー; 三角和代訳、ミステリマガジン2010年7月号より)

ダーティハリー コレクション スペシャル・バリューパック(初回限定生産/5枚組) [Blu-ray]ダーティ・ハリーについては、あまり映画を見ないという方も名前くらい聞いたことがあるだろう。1970年代、独特の雰囲気をもつサンフランシスコを舞台に、職務遂行のためには荒っぽい手段も辞さない”ダーティ”・ハリー・キャラハン刑事をクリント・イーストウッドが見事に演じた。このハリーは組織や規律にしばられないアウトローであり、直情径行で信念を貫徹する性格は、名前とともにハリー・ボッシュに色濃く受け継がれた。

カンバセーション・・・盗聴・・・ コレクターズ・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]ハリー・コールのほうは少し説明がいるだろう。こちらのハリーは、1974年のフランシス・コッポラ作品、『カンバセーション…盗聴…(The Conversation)』の主人公で、名優ジーン・ハックマンが演じている。ハリー・コールは通信傍受のプロフェッショナルとして職業上の名声を得ているが、私生活は孤独そのもの。自室に籠り、サクソフォンでジャズを奏でることが唯一の慰みという人物である。これだけ言えば、ハリー・ボッシュとの共通点はお分かりであろう。

なお、この作品は殺人計画に巻き込まれた主人公の心理的恐怖を描いたサスペンスであるが、多くの批評家からコッポラのキャリアを代表する傑作として高く評価され、1974年にカンヌでパルム・ドールを受賞している。同年度のアカデミー賞3部門にもノミネートされたが、なんと同じコッポラ作品の「ゴッドファーザー Part2」に阻まれて受賞に至らなかったという不運な作品である。一見をお薦めしたい。

「ハリー」に隠されたもう一つの符号、につづく。

More from my site

  • ボッシュ人物論3 どのような警察官かボッシュ人物論3 どのような警察官か ボッシュの使命であり、その遂行によって達成する本質的解決とは、そこに存在する「悪」を追いつめ、消滅させるることにほかならない。ボッシュといえども、パトロール警官時代にそこまでの考 […]
  • ハリー・ボッシュと、フィリップ・マーロウ 1ハリー・ボッシュと、フィリップ・マーロウ 1 作者コナリーは学生時代に、映画「ロング・グッドパイ(長いお別れ; The Long Goodbye)」を観てレイモンド・チャンドラー(Raymond […]
  • ボッシュの履歴書(4) 左遷からのスタートボッシュの履歴書(4) 左遷からのスタート 1990年5月、LAPDの「下水」と揶揄されるハリウッド署。そこに刑事として勤務する、40歳のハリー・ボッシュ。かれの物語は、いきなり左遷された職場からスタートする。第1作「ナイ […]
  • ボッシュの履歴書(7) 強制休職処分ボッシュの履歴書(7) 強制休職処分 LAPDはボッシュのホームグラウンドであり、普通の職場感覚でいえば、ボッシュの心安まる居場所であってほしい。しかし実態は、「争闘の場」とまでは言わないが、ボッシュにとって何かとス […]
  • リアルタイムの大河小説 その1リアルタイムの大河小説 その1 主人公が年を取らない小説シリーズは数多くあるが、本シリーズは主人公ハリー・ボッシュがリアルタイムで年を重ねていく物語である。刊行開始は1992年。1950年生まれのボッシュはその […]
  • 「ハリー」に隠された、もう一つの符号「ハリー」に隠された、もう一つの符号 ハリー・ボッシュは1968年、18歳のときにベトナムに従軍し、そのおよそ2年後に除隊してロサンジェルスに戻ってくる。ボッシュは、生い立ちのトラウマに加えて、苛酷な戦争体験の記憶に […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。