ボッシュ、地震で自宅が半壊

「良いことも、悪いことも起こる」のが世の常である。ボッシュが幸運に恵まれ、1984年に購入したウッドロー・ウィルソン・ドライブ(Woodrow Wilson Drive)の自宅は、およそ10年後、1994年1月の大地震で大きなダメージを受けてしまう。

Earthquake_on_01-17-1994_in_Californiaこの、ロサンジェルス地震とも呼ばれるノースリッジ地震(Northridge earthquake)は、1994年1月17日、ロサンジェルス北西部で発生した。マグニチュードは6.7で、サンフェルナンドバレー(San Fernando Valley)西部とサンタモニカ(Santa Monica)で最も大きな被害を生じ、被災者は死者57名、負傷者 8,700人以上にのぼった。サンタモニカ高速道路(Santa Monica Freeway, Interstate 10)やアンテロープバレー高速道路(the Antelope Valley Freeway, State Route 14)が大規模に崩壊するなど、経済的損害は米国の地震災害史上最大といわれる。


ボッシュの自宅を含め、多くの家々が全半壊した。被災住民に対して、市は立ち退きを命令し、のちにそれらの家屋は取り壊されることになった。住むことが危険な状態となった建物には、FEMAによる「居住不可」の赤札が貼られ、黄色の立ち入り禁止テープが巡らされた。ボッシュは密かに抵抗し、3ヶ月ほど住み続けるが、やがて退去を余儀なくさラスト・コヨーテ〈下〉 (扶桑社ミステリー)れる。こラスト・コヨーテ〈上〉 (扶桑社ミステリー)のあたりの様子は、「ラスト・コヨーテ(The Last Coyote)」に描かれている。

しかし、その後、ボッシュは自宅を再建する。家を建てている間、かれはハリウッドにあるマーク・トウェインホテル(The Mark Twain Hotel)に滞在していたとされる。そして、住宅ローンについては元々の部分を含め、2002年までに、どうにかして完済したのであった。

ところで2002年といえば、ボッシュにとって重大な転機となった年である。その年の元日早々から、ある衝撃的な事件に取り組むのだが、その結末にあたってボッシュは、1977年以来およそ25年間勤め続けた警察を退職するという、きわめて大きな決断を下すのである。

ローン完済は、このできごとに同期しているのかも知れない。しかし、自宅再建の話はさておき、上記の2002年の事件は、シリーズ中の傑作、シティ・オブ・ボーンズ(City Of Bones)に描かれているので、まだもし未読であれば、一読をおすすめする。深い哀しみを背負いながらも強く生きるボッシュに、だれもが胸を打たれることは間違いない。

More from my site

  • ラスト・コヨーテ The Last Coyoteラスト・コヨーテ The Last Coyote 1994年1月、ロサンジェルス地震が発生し、ボッシュの自宅も被害を受ける。そんななか、ボッシュはあるトラブルから上司のパウンズ警部補につかみかかり、暴行を働いたことで強制 […]
  • ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡ボッシュの履歴書(3) 自分さがしの軌跡 1970年夏、ベトナムから帰還したボッシュの思いは、自分自身の失われたアイデンティティに向かう。それまで別段、気にもしていなかった自分の出生について調べ始め、やがてある人物が実の […]
  • ボッシュの履歴書(7) 強制休職処分ボッシュの履歴書(7) 強制休職処分 LAPDはボッシュのホームグラウンドであり、普通の職場感覚でいえば、ボッシュの心安まる居場所であってほしい。しかし実態は、「争闘の場」とまでは言わないが、ボッシュにとって何かとス […]
  • ナイト・ホークス by Edward Hopperナイト・ホークス by Edward Hopper 本シリーズのテーマ、少なくともその重要な部分を直観的に理解するには、エドワード・ホッパー(Edward […]
  • リアルタイムの大河小説 その2リアルタイムの大河小説 その2   作者コナリーが、最初からこれほど長いシリーズを構想していたとは信じにくい。しかし、少なくとも、フィリップ・マーロウやダーティ・ハリーと異なる際立った個性を刑事 […]
  • トランク・ミュージック Trunk Musicトランク・ミュージック Trunk Music 1996年、ボッシュは上司への暴行を理由とする18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課を経て同署殺人課に戻ってきた。ボッシュ46歳。新しい上司は、何となく感じの良さそうな […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。