エレノア・ウィッシュ その4

Photo by Inglewood Public Library - Hollywood Park Casino (circa 1994)
Photo by Inglewood Public Library
– Hollywood Park Casino (circa 1994)

エレノア・ウィッシュとハリー・ボッシュが思いがけず再会し、結婚してからおよそ3年が経っていた。エレノアは、しかし、その間に新しい仕事を見つけることができず、平凡な日常に倦み、しだいに落ち着きを失っていたと思われる。その頃の彼女は、ハリウッド・パーク(Hollywood Park Casino)のカード・ルームで日々を過ごすようになっていた。(エンジェルズ・フライト; Angeles Flight

1999年4月、人権派の黒人弁護士ハワード・エライアスの殺人事件が起こり、ボッシュはその捜査に忙殺されてしまう。人種問題がからみ、街が不穏な空気に覆われていることも、エレノアの関心の外にあった。彼女はとうとうLAを離れ、ラスヴェガスに戻ることを決心する。「しばらく離れてみようと思うの。いろいろ考えごとをするために・・・」 ボッシュに電話でそう伝えた。ボッシュは起こっていることを理解できないが、受け入れるほかなかった。

エレノアは自ら、ボッシュとの結婚を終わらせることにした。3年足らずの結婚生活を短いと思うか、それを破綻と呼ぶべきか、どちらにどう責任があるか、といったゴシップ的な関心はすべて的外れであろう。たとえてみれば、2つの白熱する恒星が接近し、渦上に回転したのち遠心力で離れていったようなものだ。エレノアの潔さと、ボッシュの苦悩がともに深く沁みわたる。このとき、彼女は妊娠していたが、ボッシュに知らせていなかった。

エレノアが娘のマディ(マデリン; Madeline “Maddie” Bosch)をボッシュに会わせる機会は、それから3年と少し後にやってくる。2002年の10月、ボッシュが私的にある事件を調査しているとき、エレノアは彼に見つけられ訪問を受ける。このとき彼女は財政的に十分自立しており、レクサスを運転し、素敵な家でメイドを毎日雇うような暮らしぶりだった。彼女は、ポーカーのワールドシリーズの参加資格を得たことをボッシュに告げる。(暗く聖なる夜; Lost Light

Photo by Serge Melki - The Wonderous Garden of Bellagio (2009) / CC BY 2.0
Photo by Serge Melki – The Wonderous Garden of Bellagio (2009) / CC BY 2.0

エレノアはしかし、簡単には娘を会わせない。ボッシュの視点に立つ読者も、そのことを知らない。ふたりははじめ、空港で待ち合わせる。ボッシュはある意図から、エレノアに彼自身のクレジットカードを使うようにと言って渡し、そのままLAに引き返してしまう。そのときボッシュが教えた暗証番号は0613(結婚記念日)であり、エレノアも彼のいじらしさに気づかざるを得ない。数日後、ふたたび空港で会い、こんどはベラージオ(Bellagio)て一夜を過ごすのだが、エレノアは彼をひとりカジノに残して去ってしまう。そして、3度目の訪問で、彼女はとうとうボッシュに、娘のマディを紹介した。なんど読んでも目頭が熱くなってしまう、心に残る名シーンだ。

エレノア・ウィッシュについて その5 につづく。




More from my site

  • エンジェルズ・フライト Angeles Flightエンジェルズ・フライト Angeles Flight 1999年4月、LAのバンカーヒル(Bunker Hill)にあるケーブルカー「エンジェルズ・フライト」(Angeles Flight funicular […]
  • 暗く聖なる夜 Lost Light暗く聖なる夜 Lost Light 2002年10月、LAPDを退職し私立探偵となったボッシュは、銃弾に倒れ車椅子の生活を送る元同僚からの電話を受ける。それは、ある若い女性の殺人と、その捜査中に目の前で奪われた20 […]
  • エレノア・ウィッシュ その3エレノア・ウィッシュ その3 エレノア・ウィッシュは「ナイトホークス」における事件決着の結果、ラスヴェガスのカリフォルニア女性刑務所(the California Institution for […]
  • エレノア・ウィッシュ その2エレノア・ウィッシュ その2 エレノア・ウィッシュは一度結婚し、ボッシュと出会う何年か前に離婚していたとされる。彼女は離婚後も、旧姓のスカルラッティ(Scarletti)に戻らず、元夫の姓(Wish)を名乗り […]
  • エレノア・ウィッシュ その1エレノア・ウィッシュ その1 ハリー・ボッシュ・シリーズの登場人物のなかで、もっとも多くの役割をこなし頻繁に露出する女性といえば、たぶんFBI捜査官のレイチェル・ウォリング(Rachel […]
  • トランク・ミュージック Trunk Musicトランク・ミュージック Trunk Music 1996年、ボッシュは上司への暴行を理由とする18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課を経て同署殺人課に戻ってきた。ボッシュ46歳。新しい上司は、何となく感じの良さそうな […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。