レイチェル・ウォリング その4

レイチェル・ウォリングはその後、マカヴォイやボッシュ、そのほかの未知の人物と、「付かず離れず」と正反対の「付いたり離れたり」といった付き合い方をしていく。彼女が対人関係で見せるそのような行動は、外見上、いわゆる八方美人で落ち着きのない性格を表しているように見えるが、じつは彼女にとってごく自然な、むしろ性格の一貫性が現れたものと筆者は解釈している。

tree-the-oneある種の女性ヒーローやヒロインの場合、異性を含めた対人関係は、自己実現やその他の個人的目的を達成するための戦略的、あるいは試行錯誤的な手段の一つであることが多い。しかしレイチェルの場合、仕事以外の対人関係はもっと無意識的でナチュラルな感性にもとづいており、どこかのヒロインのように意図的ではない。また、ナチュラルといっても、ただ単に自由奔放とか野生的とかいうのでなく、そのウラに隠れた本来の性格は、誰かに依存することを必要としたがらず、事実あまり必要としない「自立した精神」ではないか、と思われる。

のちに、ジャック・マカヴォイがレイチェルについて、「誰に対しても、恒久的にはなつくことのない野性の猫のよう」 と評する場面がでてくる。たしかに、彼女を間近に観察し、「付いたり離れたり」されて不満を感じざるをえない、マカヴォイらしいコメントかもしれない。ただ、マカヴォイにしてもボッシュにしても、レイチェルの性格や行動を的確に捉え、彼女が発揮する高い仕事能力を認めてはいるのだが、全体評価として一歩踏み込んでおらず、彼女にとってあまり公平ではないと思う。

Photo by Peter Trimming - Seen at the British Wildlife Centre, Newchapel, Surrey; at the afternoon Keeper's talk. (2011) / CC BY 2.0
Photo by Peter Trimming – Seen at the British Wildlife Centre, Newchapel, Surrey; at the afternoon Keeper’s talk. (2011) / CC BY 2.0

余談になるが、すこしまえに、エレノア・ウィッシュについての記事で、「身近な動物にたとえれば、ボッシュがコヨーテであるのに対し、エレノアはネコ科であろう」と書いた。そのときは、レイチェルについて、マカヴォイが「野生の猫」と称したことをすっかり忘れていた。いま考えてみると、エレノアとレイチェル、どちらもネコ科で問題はないだろう。もちろん、ネコの仲間であっても、タイプのかなり異なるネコ同士ということで。

wild-cat-2以前に述べた通り、レイチェルもエレノアも、共に強い自立心の持ち主である。じつは、しっかり自立したキャラクターでなければ、本作品シリーズの主要人物として活躍できないであろう。自立心が一種の必要要件なのである。ハリー・ボッシュはもとより「独りきりで生きる男」だし、マカヴォイもまた大新聞に埋没しない個性的ジャーナリストである。そうすると、本シリーズの中では、自立した人間が他の自立した人間を見るとき、あたりまえに見えるということがあるかも知れない。それでも、マカヴォイやボッシュは、レイチェルの「自立した精神」にもっと称賛の目を向けてもよいはずだ。

2006年9月、レイチェルは、LAオフィスの戦術諜報課(the Tactical Intelligence Unit)に転任していたが、そこでボッシュからある連続殺人者のプロファイリングを依頼される。彼女は殺人者の名前に隠された意味やアイデンティティをボッシュに明かし、また、殺人者の司法取引にもとづく自供にプロファイルと合致しない点があることなどを伝える。レイチェルとボッシュは、一緒に働いている間に、数年ぶりの親密な関係をとりもどした。 ところが・・・

la_los-angeles-322839_960_720-02レイチェルは、バックアップなしに殺人者の潜伏場所に入っていこうとするボッシュの決断に強く反対した。その後、彼女の懸念は的中し、重大なリスクが顕在化する。レイチェルは、ボッシュがリスクを承知しながら無謀な行動に出たことを責め、他の人間まで危険にさらす傾向には同意できないことをボッシュに伝える。レイチェルは、このとき、彼女自身に責められるべき点はどこにもなかったのだが、結果的に、リニューアルしたばかりの一つの対人関係をふたたびリセットすることになった。(エコーパーク; Echo Park

レイチェル・ウォリング その5につづく。

エコー・パーク(上) (講談社文庫)エコー・パーク(下) (講談社文庫)

More from my site

  • エコー・パーク Echo Parkエコー・パーク Echo Park 2006年9月、LA中心部のエコー・パーク(Echo […]
  • レイチェル・ウォリング その3レイチェル・ウォリング その3 さて、少しだけ本題に触れておこう。レイチェル・ウォリングは1995年に、「詩人」(ザ・ポエット;The […]
  • レイチェル・ウォリング その2レイチェル・ウォリング その2 レイチェル・ウォリングは、クォンティコでさまざまなプロジェクトに取り組み、経験を積んだ。その一つは彼女自身の父親の死を踏まえた、警察官の自殺についての研究であった。また別のプロジ […]
  • レイチェル・ウォリング その1レイチェル・ウォリング その1 ハリー・ボッシュは「独りきりで生きる男」だが、その一方で、独りでは達成できない使命を自ら定めるという矛盾を抱えている。ボッシュが使命を全うするには、誰かがかれの足りない部 […]
  • ザ・ポエット The Poetザ・ポエット The Poet 1995年2月、デンヴァー市警察殺人課の刑事であるショーン・マカヴォイが変死した。自殺とされた兄の死に、双子の弟で新聞記者のジャック・マカヴォイ(Jack […]
  • 天使と罪の街 The Narrows天使と罪の街 The Narrows 2004年4月、ボッシュ54歳。「夜より暗き闇」の事件解決から再び3年、平穏な引退生活を送っていたはずのテリー・マッケイレブが、不審な死を遂げた。私立探偵となっていたボッ […]

投稿者: heartbeat

管理人の"Heartbeat"(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。