キズミン(キズ)・ライダー その1

キズミン(キズ)・ライダー(Kizmin “Kiz” Rider)はジェリー・エドガー(Jerry “Jed” Edgar)と並び、最も長くボッシュのパートナーを務めた。その最初は、1996年9月にボッシュがハリウッド署の盗犯課に復帰したときで、ボッシュの3名編成の捜査班にエドガーと共に加わる。(トランク・ミュージック; Trunk Music

Paramount Studio, Hollywood
Paramount Studio, Hollywood

それは偶然の人事ではなかった。決めたのはボッシュらの上司、グレイス・ビレッツ(Grace Billets)警部補だが、キズミンとビレッツはその前から個人的にも親しい関係(同性愛)にあったことが知られている。キズミンはそのころまだ警察官(巡査または巡査部長)から刑事になって日が浅く、本格的に仕事をスタートする前だった。そこにタイミング良く、旧知のボッシュ刑事が署に復帰してくることを知り、そのチームに加わりたいとビレッツに申し出たのだと思われる。

キズミンは警察官としてのキャリアをパシフィック署で開始した。そこでは強盗・詐欺を扱う部署にいたことになっているが、階級は巡査(Police Officer)だったはずだ。その後ハリウッド署に異動してから、上級の巡査あるいは巡査部長(Sergeant)になるが、そのころ署の中でハリー・ボッシュに出会い、2、3度かれの仕事を手伝う機会などがあって、捜査の専門職である刑事(Detective)に挑戦したいと思うようになった。

ミステリマガジン 2010年 12月号 [雑誌]キズミンがボッシュとパートナーを組むかなり以前に、ボランティアで事件捜査に加わった当時のエピソードが、シリーズ番外の短編に描かれている。興味のある方は読んでみられるといいだろう。(ミステリマガジン 2010年12月号所載「自殺事案(Suicide Run)」マイクル・コナリー著、古沢嘉通氏訳)

A landmark in Inglewood
A landmark in Inglewood

内容が前後してしまうが、アフリカ系の小柄な女性刑事キズミンが生まれ育ったのは、LAダウンタウンからは南西部、国際空港(LAX)の東側となるイングルウッド(Inglewood)の周辺とされている。また、現在も同じところに住み続けている。彼女の兄弟姉妹の一人がかつて殺人の犠牲者となったことも知られている。作者コナリーは、ボッシュ・シリーズの主要人物をみなそのように、執拗なまでに悲劇的要素を加えて設定しているのである。(ボッシュの母、エレノアの兄と本人、レイチェルの父、マッケイレブのドナーと本人、マカヴォイの兄など・・・)

キズミンは、2000年の半ば頃までおよそ4年間、ボッシュのチームで熱心に仕事に取り組み、活躍を重ねていく。1996年の「トランク・ミュージック(Trunk Music)」の事件では、ある重要人物の財務記録を調べ、マネーロンダリングと窃取を証明してみせた。ただ、事件解決の間際に、犯人が隠し持っていた武器を見落とすというミスを犯してしまう。キズミンは、捜査において知的能力を要求される段階では目をみはる活躍を見せるのだが、暴力制圧などを含む現場仕事にはやや不向きであることが、本人や周囲、そして読者に少しづつ理解されていく。

The Hollywood Bowl
The Hollywood Bowl

1999年5月の「エンジェルズ・フライト(Angeles Flight)」の事件では、解決に向けてキズミンのコンピュータ・スキルが最大限に発揮され、大きな役割を果たす。彼女は職場で、インターネットの使い方をボッシュとエドガーに教えることもした。このような場面を通して、キズミンは一見、「先輩刑事から見て若手の、愛すべき後輩の女性刑事」といったキャラクターを演じているが、じつは一歩ずつ出世の階段を上りつつある、上昇志向の人物であった。ただ、ボッシュに対するリスペクトは、依然として彼女の支えであり続けている。

かつてのボッシュと同じように、キズミンはLAPDのエリート部門である強盗殺人課(RHD; Robbery-Homicide Division)に抜擢された。2000年の後半のことである。その少しあと、ある殺人事件の容疑者にされ不利な立場にあったボッシュをバックアップすることがあった(夜より暗き闇;A Darkness More Than Night)。また、2002年1月の「シティ・オブ・ボーンズ(City Of Bones)」の事件でも、ボッシュに協力して容疑者のデータを発見し、その後再び窮地に陥ったかれと部署の壁を越えて連携した。しかしこの事件の結果、ボッシュは退職を決断することになり、キズミンは失望を禁じ得なかった。彼女はボッシュをRHDに呼び、一緒に働いてほしかったのである。

キズミン(キズ)・ライダー その2につづく

トランク・ミュージック〈上〉 (扶桑社ミステリー)トランク・ミュージック〈下〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

エンジェルズ・フライト〈上〉 (扶桑社ミステリー)エンジェルズ・フライト〈下〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

夜より暗き闇(上) (講談社文庫)夜より暗き闇(下) (講談社文庫)シティ・オブ・ボーンズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

More from my site

  • トランク・ミュージック Trunk Musicトランク・ミュージック Trunk Music 1996年、ボッシュは上司への暴行を理由とする18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課を経て同署殺人課に戻ってきた。ボッシュ46歳。新しい上司は、何となく感じの良さそうな […]
  • ボッシュの履歴書(8) ひとときの居場所ボッシュの履歴書(8) ひとときの居場所 1996年1月、ボッシュは18ヶ月の強制休職処分を終え、ハリウッド署盗犯課に復帰。その後9月1日に同署殺人課にもどってきた。ボッシュ46歳。こんどの上司はグレイス・ビレッツ(Gr […]
  • エンジェルズ・フライト Angeles Flightエンジェルズ・フライト Angeles Flight 1999年4月、LAのバンカーヒル(Bunker Hill)にあるケーブルカー「エンジェルズ・フライト」(Angeles Flight funicular […]
  • 夜より暗き闇 A Darkness More Than Night夜より暗き闇 A Darkness More Than Night 2001年1月、「わが心臓の痛み」からおよそ3年後、引退生活を送るテリー・マッケイレブはFBI時代の腕を買われ、ある事件捜査の協力を依頼された。マッケイレブは現場を見て連続殺人を […]
  • シティ・オブ・ボーンズ City of Bonesシティ・オブ・ボーンズ City of Bones 本作では、2002年1月の事件と、ボッシュが重大な転機にいたる経緯が描かれていく。丘陵地帯の森から、戻った犬がくわえてきたのは幼い少年の腕の骨だった。鑑定の結果、少年は生前に日常 […]
  • レイチェル・ウォリング その4レイチェル・ウォリング その4 レイチェル・ウォリングはその後、マカヴォイやボッシュ、そのほかの未知の人物と、「付かず離れず」と正反対の「付いたり離れたり」といった付き合い方をしていく。彼女が対人関係で見せるそ […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。