ボッシュ・シリーズと音楽 その4

Walt Disney Concert Hall, photo by Carol M. Highsmith, 2005
Walt Disney Concert Hall,
photo by Carol M. Highsmith, 2005

ロサンジェルス・フィルハーモニック(The Los Angeles Philharmonic)は、10月から6月初めまでのウィンター・シーズンはウォルト・ディズニー・コンサートホールを本拠地として活動するが、7月から9月のサマー・シーズンは毎年、ハリウッド・ボウルで野外コンサートを行っている。収容人員が18,000人近くにおよぶ、世界有数の屋外演奏会場だ。

The Hollywood Bowl
The Hollywood Bowl

そのハリウッド・ボウルのステージ側の背後から、観客席を眼下に臨む丘の上にボッシュたちはいた。そこの空き地に止められたロースルロイスのトランクで射殺死体が発見されたのである(トランク・ミュージック ; Trunk Music)。そのときはちょうど、レイバーディ(9月第1月曜日)のウィークエンド公演の演奏が行われていた。ボッシュは「空き地の端では、音楽がずっとよく聞こえるのに気づいた。しばらくすると、演奏されている曲目がわかりさえした。《シェヘラザード》だ・・・」 それは、非業の死を遂げた母マージョリー・ロウが好きだった曲であり、ボッシュにとって母親と自分とをつなぐ数少ないよすがの一つであった。 ―― Nikolai Rimsky-Korsakov, “Scheherazade” in “Scheherazade”(CD) performed by Charles Dutoit / Montreal Symphony Orchestra

R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作者コナリーはボッシュを、前作「ラストコヨーテ」から長期の休職処分に置き、そこから本作「トランク・ミュージック」で久しぶりに現場復帰させた。シリーズの出版間隔という意味でも、前作から2年近く間があいたことになるので、この《シェヘラザード》で、ボッシュのバックグラウンドを読者に思い出してほしかったのであろう。

Eddie Money捜査の流れがロサンジェルスからラスヴェガスに移り、ボッシュは一流クラブのダンサーの聞き取りに出向く。ちょうどDJが次のダンサーを紹介し、「エディー・マネーの古い曲《天国行き超特急》が音響システムからがなりたてられる・・・」 ―― Eddie Money, “Two Tickets to Paradise” in “Eddie Money”(CD)

Today! (Mono & Stereo Remastered)目当てのダンサーの一人目がおらず、ボッシュはウェイトレスに重ねて尋ねる。「じゃあ、ロンダはどうだい?」、「あそこにランディはいるわ」、「いや、ロンダだ。ヘルプ、ヘルプ・ミー・ロンダの。今夜は働いていないのかい?・・・」 ―― Beach Boys, “Help Me, Rhonda” in “Today!”(CD)

Excitable Boyロンダを待つあいだ、ボッシュはふたたびステージのほうに関心を向けた。「・・・次の曲は、ウォーレン・ジヴォンの《弁護士と銃と金》だった。その曲を聞いたのは久しぶりで、パトロール警官をしていた時分、制服警官のあいだの聖歌であったのを思い出す」 ―― Warren Zevon, “Lawyers, Guns and Money” in “Excitable Boy”(CD)

ボッシュ・シリーズと音楽 その5につづく。

LAに行くなら、自由旅行で行くアメリカ /H.I.S.にお任せ!

 

More from my site

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。