ボッシュの履歴書(10) 殺人容疑

わが心臓の痛み」から3年後の2001年1月、「夜より暗き闇(A Darkness More Than Night)」の事件が起こる。ハリー・ボッシュとFBIを引退したテリー・マッケイレブ、ふたりの軌跡がクロスオーバーし、驚くべきことに主人公ボッシュが殺人容疑をかけられる。

The Owl's Nest Hieronymus Bosch
The Owl’s Nest
Hieronymus Bosch

元心理分析官のマッケイレブは、ある猟奇的な殺人事件への捜査協力を依頼された。かれは被害者と因縁のあったボッシュを、何と容疑者としてリストアップする。マッケイレブが旧知のボッシュのもとを訪れると、ボッシュは別の殺人事件の捜査官であり、かつ全米が注目するその裁判の重要証人でもあった。その後、この2つのプロット、捜査と裁判がスリリングに絡み合っていく。

Detail from The Garden of Earthly Delights 「快楽の園」(部分)
Detail from The Garden of Earthly Delights
「快楽の園」(部分)

マッケイレブは、ボッシュの危うく不安定な内面を容赦なく暴いていき、読者もマッケイレブの目を通して、はじめてボッシュを客観視することになる。「深淵を覗く者」に対して「自分が怪物とならぬよう気をつけなくてはならぬ」という、あのニーチェの警句が、ついに現実の問題と化したかのような戦慄を覚えるのである。ニーチェの警句についてはこちら「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 その2

「マッケイレブから見たボッシュは、ボッシュが自分について思っている以上に危うく、攻撃的で、暗い。人が人であるための一線をいとも容易く超えてしまいそうな、そんな匂いをぷんぷんさせている。それゆえ、マッケイレブはかつての仲間で、しかも少なからず好意を抱いているはずのボッシュに殺人の容疑をかけるのだ。これまでは常に追う側、だったボッシュが、今回は紛れもなく追われる側になる。彼は追う側に戻って来られるのか、それともこのまま追われる側の人間になってしまうのか・・・」(五條瑛氏;夜より暗き闇解説より)

Portrait of Hieronymus Bosch
Portrait of
Hieronymus Bosch

なお、この物語のなかでマッケイレブは、画家ヒエロニムス・ボッシュの絵を紐解くことから、ボッシュを容疑者とみなすに至る。画家ボッシュとの関係について、詳しくはこちら。

また、ボッシュとマッケイレブの最初の出会いについて、この事件の中で読者に明らかにされる。本シリーズ全体のなかで、ふたりが交錯する全軌跡については、こちら。

 

ボッシュの履歴書(11)につづく。


More from my site

  • ボッシュの履歴書(9) 出会いと別れボッシュの履歴書(9) 出会いと別れ 1997年2月28日、開店直後のバンク・オブ・アメリカ、ノースハリウッド支店で銀行強盗が押し入り、激しい銃撃戦となった。ボッシュとエドガーも終盤に駆けつけたようだ。この事 […]
  • わが心臓の痛み Blood Workわが心臓の痛み Blood Work FBIの心理分析官テリー・マッケイレブは長年、連続殺人など多くの難事件に取り組んできたが、1996年4月、たび重なる激務とストレスによって心筋症が悪化し、深夜のオフィスで […]
  • 夜より暗き闇 A Darkness More Than Night夜より暗き闇 A Darkness More Than Night 2001年1月、「わが心臓の痛み」からおよそ3年後、引退生活を送るテリー・マッケイレブはFBI時代の腕を買われ、ある事件捜査の協力を依頼された。マッケイレブは現場を見て連続殺人を […]
  • 「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 2「ヒエロニムス・ボッシュ」の秘密 2 さらに、コナリーは言う。 「執筆しているのは、日夜人間の深淵に引きずられ、仕事によって混沌とその結果の風景を隅々まで引きまわされる男の話。人間のなかに巣くう恐ろしい悪魔に立 […]
  • 画家ボッシュとの関係画家ボッシュとの関係 ヒエロニムス・ボッシュ(Hieronymus […]
  • FBI テリー・マッケイレブとの全軌跡FBI テリー・マッケイレブとの全軌跡 1989年、「ドールメーカー事件」のすこし前、ハリー・ボッシュと、テリー・マッケイレブ(Terrell "Terry" […]

投稿者: heartbeat

管理人の"Heartbeat"(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。