ボッシュ、ベトナムに従軍する

ボッシュは17歳のとき、金目当てで自分をサウスポー投手にしようとした里親の家から逃げ出し、しばらくの間、LA南部沿岸のサン・ペドロ辺りで浮浪者のように過ごす。そのためかれは高校を卒業できず、のちにGED(General Educational Development; 高校卒業程度を認定する資格)を取得することになる。

Vietnam War_Napalmその後1968年、18歳のとき、ボッシュは自ら志願して陸軍第一歩兵隊に入隊し、1969年から70年にかけてベトナムに従軍する。ベトナムでは地下壕探索兵(”tunnel-rat”;トンネル・ラット、トンネル・ネズミ)としてベトコンと渡り合い、そこで腰の左側にナイフ傷を負ったり、またある作戦では小隊4名のうちただ一人の生き残りとなる。

ボッシュは復員後、ほかの帰還兵と同じようにPTSD(Post Traumatic Stress Disorder; 心的外傷後ストレス障害)を抱える。自分自身に障害という意識はうすいようだが、その後永年にわたり不眠症に悩まされることになる。幼少年期のトラウマとあいまって、かれの心理と生き方そのものに深い影響を及ぼすことは避けられないであろう。

The Tunnels of Cu Chi by Tom Mangold and John Penycate Publisher: Presidio Press
The Tunnels of Cu Chi
by Tom Mangold and John Penycate
Publisher: Presidio Press

作者コナリーは、ハリー・ボッシュにあえてトンネル・ラットの苛酷な体験を負わせることにしたきっかけについて、次のように紹介している。「トム・マンゴールドとジョン・ペニーケイト著、”The Tunnels of Cu Chi”(クーチ郡のトンネル)という本に出会ったのだ。ベトナム戦争のトンネル・ラットの実体験を綴った胸の痛む記録だ。この木を読んで初めて、ピアスのトンネル・ラットとしての背景と繰り返し訪れる夢が完全に形になった」(マイクル・コナリー; 「ヒエロニムス・ボッシュ」三角和代訳、ミステリマガジン2010年7月号より)

ボッシュは、「・・・『ポスト・ベトナム』の烙印を背負った時代の子でもあることを忘れるわけにはいかない。その時代と社会の函数ともいうべき彼の性格の特異性にこそ、このシリーズのすぐれて文明批評的な特長があったはずだからである」(郷原宏; 「夜より暗き閣をゆく最後のコヨーテ; マイクル・コナリー賛歌」 ミステリマガジン2010年7月号より)

ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)ナイトホークス〈下〉 (扶桑社ミステリー)「しかし多くの人々は、いまだに心に傷を負っているものの、自分なりに折り合いをつけながら、日常的な生活を送っているのではないだろうか。ハリーの生き方はそれに近い。いまだに戦争の夢に悩まされ、眠れぬ夜を過ごしているが、もとにもどすすべはないとして、折り合いをつけて生きている」(「ナイトホークス」解説; 穂井田直美氏)

なお、スティーヴン・ハンターの初期の代表作、「真夜中のデッド・リミット(The Day Before Midnight)」では、ボッシュと同じような体験をもつトンネル・ラットが大活躍する。アメリカ・メリーランド州の山中で謎の集団に占拠された核ミサイル基地を奪回するため、ふたりのトンネル・ラット、ベトナム帰還兵と元ベトコン女性戦士が協力し、基地への侵入に挑む。軍事サスペンス、冒険小説の大傑作だ。



More from my site

  • ナイトホークス – The Black Echoナイトホークス – The Black Echo LAPDの強盗殺人課(RHD)で8年間のキャリアを誇るハリー・ボッシュだったが、武器を持たない容疑者を殺したと追求され、ハリウッド署に左遷されていた。パイプの中で不審死を遂げた男 […]
  • ボッシュ人物論1 独りきりで生きる男ボッシュ人物論1 独りきりで生きる男 ボッシュは十分な愛情を知らずに育った。父親を知らずに母の手で育てられていたが、10歳のとき、娼婦を続けていた母が親として不適格とみなされ、養護施設に入れられる。幼いボッシュと母は […]
  • ハリー・ボッシュと、フィリップ・マーロウ 1ハリー・ボッシュと、フィリップ・マーロウ 1 作者コナリーは学生時代に、映画「ロング・グッドパイ(長いお別れ; The Long Goodbye)」を観てレイモンド・チャンドラー(Raymond […]
  • コナリーの語る、エルロイとの関係コナリーの語る、エルロイとの関係 ハリー・ボッシュの生い立ちの物語を執筆するにあたって、コナリーは、ジェイムズ・エルロイ(James […]
  • 「ハリー」に隠された、もう一つの符号「ハリー」に隠された、もう一つの符号 ハリー・ボッシュは1968年、18歳のときにベトナムに従軍し、そのおよそ2年後に除隊してロサンジェルスに戻ってくる。ボッシュは、生い立ちのトラウマに加えて、苛酷な戦争体験の記憶に […]
  • ボッシュ人物論3 どのような警察官かボッシュ人物論3 どのような警察官か ボッシュの使命であり、その遂行によって達成する本質的解決とは、そこに存在する「悪」を追いつめ、消滅させるることにほかならない。ボッシュといえども、パトロール警官時代にそこまでの考 […]

投稿者: heartbeat

管理人の”Heartbeat”(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。