ボッシュ・シリーズと音楽 その16《付録》

Amsterdam

チェット・ベイカー (ジョン・ハーヴェイ作、古沢嘉通訳)

ホテルの部屋からアムステル川越しに
運河を自転車で駆けている少女を眺める
少女は片手を上げて振る
少女がほほ笑んだとき、彼は昔に戻る
ハリウッドのプロデューサーたちがこぞって
彼の人生をほろ苦い物語に変えてしまいたがったあのころに。
ひどい失敗を繰り返し、ただピア・アンジェリと
キャロル・リンレイとナタリー・ウッドとの恋だけがあった。
五二年の秋のあの日、彼はスタジオにふらっと入ってきて
「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」の曲のなかで、
あの完壁な旋律を演奏した ――
そしていま、窓と過ぎ去っていく少女のほほ笑みから
顔を起こし、完壁な空の青を見上げたとき
彼は知る。いまこそ、ほんとうに空を飛べる
めったにない日であることを。

Photo by Jeroen Coert – Plaquette van Roman Zunk aan de gevel van hotel Prins Hendrik te Amsterdam. Gemaakt naar een pasteltekening van Bert de Jong (2005) / CC BY 3.0

“Chet Baker”  by John Harvey

looks out from his hotel room
across the Amstel to the girl
cycling by the canal who lifts
her hand and waves and when
she smiles he is back in times
when every Hollywood producer
wanted to turn his life
into the bitter-sweet story
where he falls badly, but only
in love with Pier Angeli,
Carol Lynley, Natalie Wood;
that day he strolled into the studio,
fall of fifty-two, and played
those perfect lines across
the chords of My Funny Valentine –
and now when he looks up from
his window and her passing smile
into the blue of a perfect sky
he knows this is one of those
rare days when he can truly fly.

(From “Bluer Than This”)

My Funny Valentine―― Chet Baker, My Funny Valentine in “My Funny Valentine” (CD)

 

 

 

 

 

More from my site

  • ボッシュ・シリーズと音楽 その16ボッシュ・シリーズと音楽 その16 香港での事件(ナイン・ドラゴンズ)から2年、ハリー・ボッシュはウッドロー・ウィルソン・ドライブの自宅で、ひとり娘マディと共に暮らしている。60歳という年齢の山を越え、現場に出る仕 […]
  • ボッシュ・シリーズと音楽 その14ボッシュ・シリーズと音楽 その14 「電話は深夜にかかってきた。ハリー・ボッシュは照明を落としたリビングで起きており、腰を下ろしていた。サキソフォンの音色をよりよく聞けるからこうしているのだ、と考えたかった」 いつ […]
  • ボッシュ・シリーズと音楽 その9ボッシュ・シリーズと音楽 その9 ハリー・ボッシュはいちど警察をやめた。その時期のエピソードが「暗く聖なる夜(Lost […]
  • ボッシュ・シリーズと音楽 その7ボッシュ・シリーズと音楽 その7 ハリー・ボッシュが大好きなジャズ・プレーヤーをひとりだけ挙げるとすれば、フランク・モーガン、あるいはアート・ペッパーであろうか。後者について、かれの思いをたっぷり語る場面が「夜よ […]
  • ボッシュ・シリーズと音楽 その10ボッシュ・シリーズと音楽 その10 今回は、前回で紹介し残した「暗く聖なる夜(Lost Light)」のつづきと、併せて、次作の「天使と罪の街(The […]
  • ボッシュ・シリーズと音楽 その4ボッシュ・シリーズと音楽 その4 ロサンジェルス・フィルハーモニック(The Los Angeles […]

投稿者: heartbeat

管理人の"Heartbeat"(=心拍という意味)です。私の心臓はときおり3連打したり、ちょっと休んだりする不整脈です。60代前半。夫婦ふたり暮らし。ストレスの多かった長年の会社勤めをやめ、自由業の身。今まで「趣味は読書」といい続けてきた延長線で、現在・未来の「同好の士」に向けたサイトづくりを思い立ちました。どうぞよろしくお願いします。